外相、王毅氏発言「直後に反論」

尖閣領有権主張巡り、会談で

©一般社団法人共同通信社

記者会見する茂木外相=27日午後、外務省

 茂木敏充外相は27日の記者会見で、中国の王毅国務委員兼外相による沖縄県・尖閣諸島の領有権主張に対し、発言があった24日の共同記者発表の直後、再開した会談の中で反論したと明らかにした。「わが国の立場、考え方を改めて強調した」と述べた。

 共同記者発表は1回目の会談後に行われ、王氏は茂木氏の後に発言した。その場で反論しなかった理由に関し茂木氏は「記者発表は会談の概要について、それぞれ1度ずつ発言するルールだったためだ」と説明した。

 王氏の領有権主張に関し「中国独自の立場に基づくもので、全く受け入れることはできない」と改めて語った。