リフォーム時に住宅ローンの借り換えはしたほうがお得?

©株式会社ブレイク・フィールド社

リフォーム時は住宅ローンの借り換えを検討しよう

住宅には設備の修繕やリフォームが必要です。住宅は年月を経れば劣化し、設備や資材には寿命がありますので、建物全体が老朽化していきます。そのため、住宅を維持していくために修繕費用が必要となります。

給湯器の交換や、壁紙の張り替え、浴室や洗面所などの水回りの点検は5~10年に一度行うのが一般的とされています。また、10~15年たつと、浴室やトイレ、洗面台、キッチンなどの水回りに不具合が出てくることが多く、交換工事につながります。住環境を良い状態で維持し、住宅の寿命を延ばして資産価値を保つには、計画的にリフォームやメンテナンスを行う必要があるのです。

つまり、住宅ローンの返済を行っている間に住宅のリフォーム資金が必要になるのは、なんら不思議なことではありません。住宅を購入した際に、リフォーム資金も準備していて、十分な金額を用意できる場合は問題がありませんが、多くの人はそのような資金を準備しておらずリフォームの際にはリフォームローンを借り入れることになるでしょう。

ここで注意してほしいのが、リフォームをする際には住宅ローンの借り換えも検討するべきという点です。住宅ローンを借り換え、リフォーム資金を同時に調達した場合の方がお得にローンを組める場合もあります。

リフォームローンを組むなら借り換えの方がお得な場合も

そもそも、リフォームローンと住宅ローンにはいくつか異なる点があります。

リフォームの資金をローンで準備する際によく用いられるのがリフォーム専用ローンです。リフォームローンと住宅ローンは住宅関連の資金のローンと言うことで似ているように感じるかもしれませんが、全く違う商品なのでいくつか違う点が存在します。

・リフォームローンは金利が高め
・リフォームローンは借り入れ年数が短い(15年間までなど)
・リフォームローンは借り入れ可能額が数10万円以上1500万円以内と低い(住宅ローンは500万円以上1億円以内程度)
・リフォームローンは変動金利が多い傾向にある(住宅ローンは変動・固定(当初固定金利・長期固定金利)から選べる)

リフォームに必要な金額は、どの程度の工事を行うかによって大きく変わってきます。自分に合うリフォームローンや住宅ローンを選ぶようにしましょう。

また、リフォーム資金を上乗せして、別銀行で住宅ローンを借り換えるという方法もあります。場合によっては、住宅ローンの方が金利は低くなるので、お得にローンを組むことができる可能性もあります。

住宅ローンの残高に、リフォーム資金を上乗せして借り換えを行うと、ローンがひとつにまとまり、リフォーム資金も住宅ローンと同じ金利で借り入れることができますし、借り入れ中の住宅ローンの見直しも行えます。借り入れをひとつにまとめることで、口座の管理が楽になると言うメリットもあります。

住宅ローン借り換え+リフォームローンの条件

それでは、リフォームローンの資金を上乗せして、住宅ローンを借り換えるのは、誰でも可能なのでしょうか。実は、住宅ローンの残高にリフォーム資金を上乗せして借り換えるには、金融機関によって条件があります。

例えば、りそな銀行の場合は以下のような条件が定められています。

・現在他の金融機関にてお借り入れされているご本人居住用住宅に対する住宅ローンをお借り入れ後、2年以上遅延なくご返済をされている方
・瑕疵担保責任法人が登録するリフォーム工事業者、または「増改築工事証明書」の発行可能なリフォーム工事業者によるリフォーム工事に限ります。

他にも新生銀行では以下のように条件が定められています。
・住宅ローン(住宅購入資金またはお借換資金)と同時にお申し込みいただくこと
・購入する(または現在居住中)物件に対するリノベーション(リフォーム)であること
・リノベーション(リフォーム)資金と住宅ローンの融資実行が同日であること

このように借り換えの条件は銀行によって異なるので、金利を調べるのと同時に確認しておくといいでしょう。

リフォーム費用を加えて借り換えをするときの注意点とは

それでは、リフォーム資金と住宅ローンの借り換えを同時に行う時は、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。リフォーム資金と住宅ローンの借り換えを行う場合は、以下のような注意点があります。

1、リフォーム資金を上乗せして、住宅ローンの借り換えを行う場合、借り入れの資金が増えるため審査が厳しくなることがある。
この審査は、銀行によって基準が異なりますが、借入額が増えれば審査は厳しくなることが多いです。

2、すでに着工しているリフォーム工事、もしくは完了したリフォーム工事は融資の対象にならない。
リフォームをまだ行っていないというのが、ローンの融資条件になっていることも多いです。そのため、リフォームローンに関しては工事が始まる前に考えておくようにしましょう。

3、通常、リフォーム資金と住宅ローンの融資実行日は同一となる

4、自身が居住している住居に限られる場合がある
金融機関によっては、自身が居住している住居でしかローンを組めない可能性があります。そのため、親の住居をリフォームしたいという場合は、金融機関に確認を行うようにしましょう。

5、別の金融機関で住宅ローンを支払っている場合ローンが受け付けられない可能性がある。
こちらも、金融機関によっては、住宅ローンを他の金融機関で支払っている場合はリフォームローン、もしくは住宅ローンの申し込みを受け付けてもらえないことがあります。同一金融機関内では許可が出るなど、条件によってはローンが組めるので、現在住宅ローンを組んでいる銀行に確認するようにしましょう。

リフォームをお得に行うには住宅ローンの見直しが必須

リフォームローンは金利が高めで、借り入れ年数が短く、借入可能額が低めであるという特徴があります。そのため、リフォームローンを組む際には、住宅ローンの見直しを行うことで、お得にリフォーム資金を調達することが可能になる場合があります。

住宅ローン費用にリフォームローン費用を足して借り換えた方がお得なこともあるので、他の銀行での借り換えも念頭に置きながら検討するのがよいでしょう。

他にも、大規模リフォームの場合は住宅ローンとしてローンを組むことが可能な場合もあります。自身の行うリフォームの規模に合わせて、適切なローンの組み方は変わります。みなさんも、リフォームの際はぜひ住宅ローンの見直しを行ってみてください。

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

監修:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

The post first appeared on .