白濱亜嵐、主演映画の公開初日に感慨 GENERATIONS小森隼からのキャッチコピーも発表

©ブロードメディア株式会社

白濱亜嵐、映画『10万分の1』初日舞台あいさつに登壇 クランクイン!

EXILE/GENERATIONSの白濱亜嵐と女優の平祐奈が27日、都内で行われたダブル主演映画『10万分の1』の初日舞台あいさつに出席。白濱が公開に胸を撫で下ろし、映画を観たというグループのメンバーの反応を明かした。

同作は宮坂香帆による同名コミックの実写化。難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)に冒された女子高生の恋と友情を描く。剣道部所属のモテ男子・桐谷蓮を白濱が、剣道部マネージャーの桜木莉乃を平が演じる。

イベントには白濱、平のほか、優希美青白洲迅奥田瑛二三木康一郎監督も登壇した。

公開初日を迎えた感想を白濱は「撮影したのが2年くらい前なので、ついに公開できたという気持ちもありますし、こういう状況ですけど、みなさんと直接顔を見ながら舞台あいさつができてうれしく感じています」と胸を撫で下ろした。

難病に侵される女子高生を演じた平は、実際にALSの患者とも会って話を聞いたという。「まずALSという病気を知るところから自分も始めました。みなさんにも知ってもらうきっかけになってくれたらいいと思っていたので、そういう意味でALSと莉乃と向き合うことを大切に毎日考えながら過ごしていました」と役に対する熱い思いを明かした。

現場はまるで家のような自然体な雰囲気だったようで、白濱はその中でツッコまれ役だったそう。白濱は「場を盛り上げたくなってしまう性格なので、撮影現場の雰囲気を明るくしようかなと思ってました」と撮影時を振り返り、平も「サービス精神旺盛なんですよね」とうなずいた。

白濱は映画を観たグループのメンバーが同作のキャッチコピーを考えてくれたと告白。メンバーは号泣で、中でも特に小森隼が泣いていたと明かし「1番よかったのが小森のキャッチコピーだったんですよ」とこの場で発表することに。白濱が「キュンとぴえんが入り交ざる…人との距離がある今…だからこそ?…まぁそんな感じです!」とあいまいに発表すると、キャスト陣からは「えぇ~!覚えてない!(笑)」と総ツッコミを受けていた。