台湾、今年の成長率予想引き上げ、第3四半期は4年ぶりの高い伸び

©ロイター

[台北 27日 ロイター] - 台湾主計総処は、今年の経済成長率は2.54%との見通しを示した。輸出の強い回復がコロナ禍の影響を補うとし、8月に示した見通し1.56%から上方修正した。新たな予想値は4年ぶりの低成長となるが、他のアジア諸国と比較すると回復が鮮明になっている。

第3・四半期の域内総生産(GDP)伸び率改定値は前年比3.92%。速報値は3.33%から上方改定され約4年ぶりの高い伸びとなった。

主計総処の高官は「上方改定は、輸出の上振れと域内投資が主因」と説明した。

2021年の成長率は、外需の「著しい回復」や、米中の緊張やコロナ禍を受けた供給網の見直しで中国から製造拠点を戻す動きを踏まえ2014年以来の高成長となる3.83%と予想した。8月時点の見通し(3.92%)からはやや引き下げた。

また、今年の輸出は3.84%増加、来年は4.59%増加すると予想した。

主計総処は、テレワーク関連のエレクトロニクス製品への需要が旺盛だったと説明。

第3・四半期は、当局のコロナ対応の景気支援策も寄与し、消費が前年比5.16%増加した。

台湾は、コロナの封じ込め策が奏功し、市中感染者が200日間出ていないが、当局は経済の不確実性への警戒を崩さず、1兆0500億台湾ドル(368億1000万米ドル)相当の景気対策を打ち出している。

*内容を追加しました。