10年前と比べて、たばこを吸う人のマナーはよくなった?

©株式会社マイナビ

ネオマーケティングと日本たばこ産業はこのほど、「たばこのマナーに関する調査」の結果を発表した。同調査は10月30日~11月4日、全国の20歳以上の男女1万人を対象にインターネットで実施した。

歩きたばこなどのマナー違反による「望まない煙」はよくないと思うか尋ねたところ、全体の90.0%が「そう思う」と回答した。非喫煙者では90.9%、喫煙者でも87.0%が「そう思う」と回答しており、喫煙者もマナー違反に対して「良くない」と思っている人が多いことがわかった。

たばこを吸う人はまわりに配慮して喫煙すべきだと思うか聞くと、92.4%が「そう思う」と答えた。喫煙者の90.0%、非喫煙者の93.2%が「配慮すべき」と答えるなど喫煙の有無で大きな変化はなかった。喫煙所でたばこを吸うことはマナーのひとつだと思うか尋ねたところ、喫煙者、非喫煙者ともに9割以上が「そう思う」と回答した。

歩きたばこなどのマナー違反による「望まない煙」を減らすには、ある程度喫煙所は有効だと思うか聞くと、全体の80.6%が「そう思う」と答えた。非喫煙者でも77.8%が「そう思う」と回答しており、非喫煙者もある程度喫煙所が有効だと考えていることがわかった。

たばこを吸ってもよい場所でマナーを守っているのであれば、たばこを吸っても構わないと思うか尋ねると、全体の74.6%が「そう思う」と回答した。非喫煙者では70.0%、喫煙者では88.6%が「そう思う」と答えている。

10年前と比較してたばこを吸う人のマナーはよくなったと思うかと尋ねたところ、全体の51.3%が「そう思う」と回答した。「そう思う」と回答した割合は、喫煙者66.5%、非喫煙者46.3%だった。「わからない」と回答した人は、非喫煙者では25.3%で、喫煙者よりも10ポイント以上多かった。

改正健康増進法の施行により2020年4月からたばこのルールが変化した。たばこのルールが変わって以降、歩きたばこなど、屋外でマナー違反を目にする機会はどのように変化しましたか尋ねたところ、39.6%が「減った」と回答した。新型コロナウイルスの影響で外出する機会が減ったことが影響したのか、43.9%が「わからない」と回答している。

たばこのルールが変わって以降、飲食店などで禁煙になった店舗が増え、たばこの煙を迷惑に感じる場所が減ったと思うか聞くと、非喫煙者の64.3%が「そう思う」と回答した。たばこのルールが変わって以降、たばこが吸える場所が少なくなったと思うかという問いに対しては、喫煙者の88.5%が「少なくなったと思う」と答えている。

喫煙者に、たばこのルールが変わって以降、外出時に屋外の喫煙所を利用する機会は増えたか尋ねたところ、42.9%が「増えた」、35.2%が「減った」と回答した。