2019~2024年、世界の紙巻たばこ市場は成長 - ブルガリアなどで喫煙率上昇

©株式会社マイナビ

Kenneth Researchはこのほど、世界の紙巻たばこ市場の予測評価を提供する調査レポートを発刊した。同レポートは、世界の紙巻たばこ市場の成長牽引の原動力や市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場の状況をまとめている。

2018年の世界の紙巻たばこ市場は7260.94億米ドルと評価された。

インドネシア、サウジアラビア、スロベニア、ブルガリアなどの国々での喫煙率は上昇しており、2019~2024年の間に紙巻たばこ市場の成長を促進すると推定されている。地理的拡大への投資で消費者の期待に応えるため、高品質の紙巻たばこを提供しようという製造業者の関心の高まりも、予測期間中の市場成長に大きく貢献すると予想される。

市場の成長を推進する主要な要因としては、ライフスタイルの変化、風味、サイズ、成分、ニコチンレベルの観点からの継続的な製品革新が挙げられる。また、喫煙がストレスや不安を軽減するという消費者の考え方も要因だという。

しかし、過去数年間、市場の成長を抑制すると予想されていた「喫煙に関連する健康被害」への意識は高まっている。さらに、有害作用の少ない電子タバコをはじめとしたさまざまな喫煙代替品が入手可能できることも、市場の成長を妨げると予想されている。

近年、メーカーでは、葉巻、紙巻タバコ、無煙たばこ、および関連製品などのフレーバーたばこ製品にフォーカスしている。これも予測期間中の市場の成長にプラスの影響を与えると予想されている。

また、消費者の製品やサービスに対する意識の高まりやソーシャルメディアの影響などにより、消費者はオーガニック製品の利点を認識している。この認識により、有機およびハーブの紙巻たばこの需要を促進すると考えられる。

市場レポートでは、地域分析に関する詳細情報も提供している。ヨーロッパと北アメリカでは、さまざまな種類を幅広く入手できる可能性を備えた紙巻たばこは一人当たりの支出が増加し、最大の市場シェアを占めると予測される。消費者のニーズに応えるために製品のポートフォリオと流通チャネルの改善に注力している企業も多く、その存在も市場の成長に貢献している。

しかし、喫煙の有害な影響や心血管疾患、慢性呼吸器疾患、たばこの消費によって引き起こされる癌などの疾患に関する消費者の意識の高まりは、今後数年間で紙巻たばこ市場を妨げると考えられるという。