「道警ヤジ」付審判請求棄却 札幌地裁

©HTB北海道テレビ放送株式会社

安倍前総理の演説でヤジを飛ばし道警の警察官に排除されたとして刑事告訴した男性が、不起訴処分を不服として、札幌地裁に裁判開始を求めていましたが、請求は棄却されました。

この問題は2019年7月の参院選で、札幌で演説した安倍前総理に「増税反対」などとヤジを飛ばした男性が、道警の警察官に排除され特別公務員職権乱用などの疑いがあるとして、札幌地検に告訴していたものです。

札幌地検は警察官らを不起訴処分としていましたが、男性はこれを不服とし、札幌地裁に裁判を始めるよう請求していました。

27日、札幌地裁は男性がヤジを飛ばしていた際に「周囲の自民党支持者などが男性に危害を加える可能性を否定できなく、必要限度の避難措置として許容される」などして、男性の請求を退けました。

男性の代理人弁護士は、「偏った証拠と資料に基づいてなされた判断」などと話し今後、札幌高裁に対し不服を申し立てるかどうか男性と協議するとしています。

(c)HTB