151億円相当の覚醒剤密輸 神奈川県警、容疑のイスラエル人2人を再逮捕

©株式会社神奈川新聞社

押収したビニール袋入りの覚醒剤=県警本部

 船舶のコンテナに隠して覚醒剤約237キロを密輸したとして、神奈川県警薬物銃器対策課と港南署などは27日、覚醒剤取締法違反(営利目的共同輸入)の疑いで、ともにイスラエル国籍の、東京都港区の会社役員の男(58)と千葉県野田市のアルバイトの男(40)を再逮捕した。

 県警によると、押収した覚醒剤約237キロ(末端価格約151億円)は今年の押収量としては全国2番目。県警は組織的な背景などを調べる。

 再逮捕容疑は、氏名不詳者らと共謀して9月21日、営利目的で南アフリカから覚醒剤約237キロを船舶のコンテナに隠して輸入した、としている。

 県警によると、会社役員の男は「弁護士と会ってから話す」と認否を留保し、アルバイトの男は「私は関係ない」と否認している。

 横浜税関が10月7日、横浜港で積み荷を検査して発覚。通報を受けた県警が荷物を入れ替えた上で受取人を特定する「泳がせ捜査」を展開。今月8日に受け取り先の千葉県内の貸倉庫に現れた2人を、麻薬特例法違反の疑いで現行犯逮捕していた。