インテルMFエリクセン、新天地はどこに…クラブは移籍金を37億円に設定か…

©フットボール・トライブ株式会社

クリスティアン・エリクセン 写真提供: Gettyimages

インテルは1月の移籍市場での移籍を希望しているデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンに対して3000万ユーロ(約37億2000万円)程度の移籍金を設定しているようだ。27日、イタリアメディア『フットボールイタリア』が報じている。

インテルのジュゼッペ・マロッタCEOはエリクセンの移籍リクエストに関して前向きに受け入れる姿勢を示しており、1月の移籍市場での退団が既定路線となっている。また、インテルは同選手の移籍に関して37億2000万円または、選手とのトレードを含める交渉を受け入れるようだ。

同メディアは続けて、インテルのアントニオ・コンテ監督がターゲットとしてリストアップしているパリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス、バイエルン・ミュンヘンのフランス代表MFコランタン・トリッソ、アーセナルのスイス代表MFグラニト・ジャカ、マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表MFフレッジの名前を挙げ、インテルがエリクセンを含める交渉を行う可能性を指摘している。

はたしてコンテ監督の下でセリエAで定位置を掴むことができなかったエリクセンは新天地で復活することができるのだろうか。