松本穂香がキャンプ願望明かす「来年こそは山や海に…星も見たい」

©株式会社光文社

11月27日、映画『君は彼方』初日舞台挨拶に、女優の松本穂香が出席した。

今作は、池袋を舞台にした青春ファンタジー。交通事故をきっかけに「世の境」と呼ばれる別世界に迷い込んだ主人公・澪が、元の世界に戻るために奮闘する。

主人公・澪の声優を務めた松本は、観客席を見渡し、「このご時世、これだけたくさんの方に集まっていただけることが嬉しいです。この時代だからこそ響く映画を、たくさんの方に見ていただきたいと思います」と話していた。

映画の見どころについてこう明かす。

「私は澪という役を演じたので、すごく思い入れがある。澪は基本的にすごく消極的で、自分なんてダメだって、いろんなことをあきらめているんです。

私も高校の頃は、そういう気持ちが強い女の子だったので、感覚はなんとなくわかります。きっとそういう子ってたくさんいると思う。そうじゃない、ダメなんかじゃないってことが、少しでも映画を通して伝えられたら」

MCから「2021年、変えたいこと」について質問されると、松本は「アウトドア」と書かれたフリップを出す。

「もともとの気質もあるんですが、今年はずっとお家にいることが多くて。でも自然が好きなので、来年こそは山や海に行ったりしたいな。

キャンプに行きたいって、去年の夏から言ってるんです。今年の秋も言ったし、来年の夏も言ってるかも(笑)。星が見たいし、とにかく自然のなかに行きたいですね」と、来年に向けて目標を掲げていた。