「ほたるいか海上観光」来季は1隻で運航 滑川市が方針

©株式会社北日本新聞社

 滑川市は、来季の「ほたるいか海上観光」について、1隻体制で実施する方針を示した。運航期間は4月1日から5月9日まで。27日の市議会産業厚生建設委員会協議会で説明した。

 海上観光は春のホタルイカ漁を船上から見学する人気イベント。今季は新型コロナの影響で一度も運航しなかった。

 2018年から市の遊覧船「キラリン」と氷見市の民間船の2隻体制で実施してきたが、来季は感染状況の先行きが不透明なことから民間船との契約を結ばなかった。

 運航期間は、北陸新幹線開業以降、3月にスタートしていたが、悪天候などにより欠航が多かったため4月からとする。定員は新型コロナ感染防止のため40人から25人に減らす。