『35歳の少女』第8話 “望美”柴咲コウ、絶望と怒りでに豹変

©ブロードメディア株式会社

土曜ドラマ『35歳の少女』第8話場面写真(C)日本テレビ

女優の柴咲コウが主演を務めるドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系/毎週土曜22時)第8話が今夜放送。第8話では、姿を消した“35歳の少女”望美(柴咲)が、25年の時間を奪われた絶望と怒りによって、まるで別人のような姿に豹変。

望美は家族と結人(坂口健太郎)の前から姿を消し、連絡もつかない状態になっていた…。望美を探しながらも再び教師として働き始めた結人は、クラスで浮いている生徒の力になりたいものの、成績第一の教育方針に馴染めずにいた。そんな中、結人は望美の手がかりを求めて愛美(橋本愛)に連絡。デザイナーの夢に挫折した愛美は、結人がかつていた代行業の会社に登録していた…。

その頃、売りに出された時岡家では内覧が始まる。心ここにあらずの多恵(鈴木保奈美)は、見学に来た家族の娘を思わず望美と重ねてしまう…。

一方、離婚危機の続く今村家では進次(田中哲司)が口をきいてくれない加奈(富田靖子)に手を焼く。さらに達也(竜星涼)は加奈と実の父親から手に入れた大金を手に「でっかいことやってやる」と家を飛び出してしまう。慌てて後を追う進次だが…。

やがて、意外なところから望美の居場所が判明。25年の時間を奪われた望美の絶望と怒りは、彼女を別人のように変えてしまっていた。何とか元の姿に戻ってもらいたい結人は、意を決して、ある人に会いに行く。

本作は、10歳の時に不慮の事故で長い眠りにつき、25年後に目覚めた女性の、“時をこえた”成長物語。“35歳の少女”である主人公・望美を柴咲が、望美の初恋の相手・広瀬結人を坂口健太郎が演じる。

土曜ドラマ『35歳の少女』第8話は、日本テレビ系にて11月28日22時放送。