熟成古酒そろえたバー開店 淡路島でパソナグループ

©株式会社神戸新聞社

オープンを前に開かれた「古酒の舎」のお披露目会=淡路市野島大川

 パソナグループは28日、兵庫県淡路市野島大川の劇場・レストラン「青海波」に、ショップ・バー「古酒(こしゅ)の舎(や)」を開く。日本酒を中心に、熟成期間10年以上の古酒を楽しめる。

 兵庫を含む全国19府県にある42の酒蔵から、熟成させた酒(日本酒、焼酎、梅酒、泡盛)が登場。1階が酒や土産品を販売するショップ、2階が食事もできるバー(25席)になっている。さまざまな新型コロナウイルス対策をして営業するという。

 27日に開かれたお披露目会で、同グループの南部靖之代表は「日本中の古酒がそろった。ここから文化が継承され、古酒をきっかけに地方創生ができれば」とあいさつ。式典には県内の酒造会社も参加し、鏡開きなどでにぎわった。

 営業時間は正午~午後9時。木曜定休。青海波TEL0799.70.9020 (上田勇紀)