年収200万円台の独身生活「業務用スーパーで一袋16円の麺類が中心」「彼女に『給料が安くて将来設計ができない!』と振られた」

©株式会社グローバルウェイ

一袋16円

年収200万円台といえば、ボーナスなしと仮定して月収は額面ベースで20万円前後になるが、どのような生活を送っているのだろうか。新潟県のサービス業で働く30代既婚男性は世帯年収250万円。キャリコネニュースに

「夫婦2人暮らし。昼飯の値段が気になり、抜くこともある」

という声を寄せている。では、年収200万円台の独身者はどうなのか。(文:鹿賀大資)

「薄給も仕方ないと思っていたが、会社には億単位のお金が余っていた……」

大阪府の40代女性は、友人が経営する店舗でアルバイトをし、年収200万円。新型コロナウイルスの影響で失職し、友人を頼った経緯がある。仕事に生かせる資格を持っている訳でもないため、転職活動には苦しんだ。「年齢も年齢なので、派遣社員やアルバイトの仕事も見つからない状況でした」と振り返りつつ、現況について明かす。

「時給が安く、月収は約12万円です。そのため、業務用スーパーが中心の食生活。よく1袋16円のうどんや中華そばを買っています。あとは19円の豆腐や半額のお惣菜を買いだめし、冷凍にするなどの節約で、やりくりをしています」

徳島県の30代男性も年収200万円で「ひもじい生活を送っています」という。また「最近まで交際していた彼女には『給料が安くて将来設計ができない!』と言われ、破局してしまった」と明かす。

「私自身も薄給と思っているので、そこは仕方ないかなと思います。けど30歳を過ぎて年収200万円の人って、世の中にどれほどいるのでしょうか? 福祉関係の仕事なので、安い給料でも仕方ないと思っていましたが」

そう語る男性だが、会計業務に携わるうち、徐々に矛盾を感じるようになったという。「会社には億単位のお金が余っているのに……」ともらしている。

「欲しい物があってもフリマアプリで中古品を探す」

奈良県のメーカー勤務の30代女性は、年収250万円で実家暮らしをしているが「贅沢はできない」という。また現在の会社について「ボーナスをもらったことがない」とも付け加える。日常については「欲しいものがあっても新品は我慢。フリマアプリで中古品を探す」と述べており、実家を出て1人暮らしをするのは難しいとのことだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」【募集】仕事を即効で辞めた人に関するアンケートを募集しています。

\-----

【あわせて読みたい】