『ヒルナンデス』宮崎美子“婆コーデ”を着させられて同情「老人会かよ」

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)pathdoc / Shutterstock 

香川が世界に誇るコメディアン『ウッチャンナンチャン』南原清隆がMCの『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に、女優・タレントの宮崎美子が出演。企画とはいえ妙な服を着させられてしまい、視聴者から同情が殺到してしまった。

宮崎は11月24日の放送にて、人気企画『格安コーデバトル』にチャレンジ。モデル・倉本康子のコーディネートで、「彼と箱根で温泉旅行」という〝大人コーデ〟に身を包んでいく。

「昔からセンスがない」と自虐する宮崎は、普段から黒と紺の地味なものしか着ないとのこと。そこで、今回は派手な色合いを取り入れて変身することになり、倉本はまず「トレンドのカラーです!」と紫のパンツを選ぶ。

「風呂敷みたい」と納得いかない様子の宮崎だが、アドバイス役のコーデは受け入れるのがルール。続けて、倉本は花柄のトップスと無地のコート、くすんだピンクのマフラーなどを勧めていった。

A post shared by 倉本康子 (@yasukokuramotoyakko)

宮崎美子が「老人会の旅行」「巣鴨」と散々な言われよう

買い物を終え、いよいよ全身を見せることとなった宮崎。しかし、ベージュのコートに靴、くすんだマフラーと、カラーコーデを謳った割にはどれも地味な色合いだ。

特にコートは、ベージュの色合いと袖の短いオーバーシルエットが作用し合い、まるで羽織やはんてんのような雰囲気。残念ながら年寄りくさいオーラが強烈に漂っており、視聴者からは

《完全におばちゃんスタイルに見える》
《酷すぎる。箱根じゃなくて巣鴨じゃん…》
《宮崎美子さんのかわいらしくも美しい感じがどうしてこの服装! かわいそうだよ…》
《これは宮崎美子がよく着こなしたわ… 思ったよりも全然よくなってる…やっぱ紫パンツがばばくさいけど》
《いやいやいやいや… 老人会の旅行》
《宮崎美子の良さが全部消えてる… おばあちゃんじゃん…》
《宮崎美子なんて本当おばあさんコーデでかわいそう》

など、着せられた宮崎への同情が殺到した。

先日、還暦とは思えないダイナマイトバディーのビキニが話題となった宮崎。いつまでも若々しい彼女に、真逆のコーデを提案するとは…。

【画像】

pathdoc / Shutterstock