日本で最初のインドカリーは“恋と革命”の味!「新宿中村屋 Manna」

©株式会社フジテレビジョン

超本格的スパイス探求番組『スパイストラベラー』CS放送フジテレビNEXTで放送中。

番組では音楽業界きってのカレー好きとして知られる、Dragon Ashの櫻井誠とBiSHのセントチヒロ・チッチが、昨今のカレーブームをけん引する名店の数々を紹介していく。

今回2人が訪れたのは、東京・新宿。

櫻井誠(左) セントチヒロ・チッチ(右)

櫻井:おはようございます。

チッチ:おはようございます。

櫻井:衣装がまた。

チッチ:やめてくださいよ。

櫻井:まったく連絡してないけど、こんなにかぶることある?

チッチ:なんで緑・・・。

櫻井:緑でかぶるって、なかなかないよね。しかもセットアップで。

チッチ:はい。

櫻井:今日は新宿です。

チッチ:ホームですね。

櫻井:ホーム? 新宿、全然来ないかな。

チッチ:新宿ってタワレコもあるし、ライブハウスもあるし。

櫻井:ライブしに来ることあるけど、遊びにはあまり来ないかなぁ。さて、今日はなんと老舗の新宿中村屋さんにお伺いします。

チッチ:絶対誰もが知ってるお店。

櫻井:有名な。LEEさんおすすめのおいしいカレーが待ってると思います。

チッチ:楽しみですね、今日も。

櫻井:すごい。おしゃれだね、建物。

チッチ:はい。

櫻井:おはようございます。

LEE:おはようございます。

AKINO LEE(カレーおじさん\(^o^)/)

今回も二人を案内してくれるのは、 “カレーおじさん \(^o^)/ ”こと、 AKINO LEE (アキノリー)。

2006年から毎日カレーを食べ続けているカレー偏愛家で、生涯で食べたカレーは15000食を超える。テレビや雑誌など様々なメディアでカレー情報を発信するカレーのプロだ。

LEE:今日のお店はこちらです。新宿中村屋のMannaさん。日本で最初にインドカリーを出したお店なんです。日本にカレーという料理が入ってきたのは、もっと前なんですけど、それはイギリス経由だったので、洋食としてのカレーライスでした。インド料理のカリーを最初に出したのがこちらのお店です。昭和2年のことです。

櫻井・チッチ:昭和2年!?

LEE:90年以上カリーを出してるんです。それが今日いただけるんです。

櫻井:90年分の歴史を。

LEE:地下2階が「Manna」というカフェレストランです。地下1階に「Bonna」というテイクアウトのお店があります。8階はコース料理と日本ワインを楽しめる「Granna」というお店があります。いろいろなこだわりがあり、おいしいんです。

櫻井:由緒正しきという感じですね。

LEE:そうなんですよ。創業時はパン屋さんでした。クリームパンの元祖でもあります。時代のニーズに合わせて、和菓子や洋菓子を始めました。昭和に入ってからは、レストランをやり出して、その後も中華まんやロシア料理など、本当にいろいろな料理を出しています。歴史とともに進化しているお店ですね。

「新宿中村屋」料理長にご挨拶!

LEE:ご紹介します料理長の石崎さんです。

石崎さん:石崎です。よろしくお願いします。

石崎さん:中村屋の創業者は、相馬愛蔵・黒光という夫妻です。インドカリーにつきましては、ラス・ビハリ・ボースというインド人の方から教わったのがきっかけとなっています。

LEE:ラス・ビハリ・ボースさんというお名前が出たのですが、その方はインドの革命家だったんです。当時、インドは独立しようとしている時代で、インドの中で独立運動をしていて、日本に逃げて来たんです。そこでかくまったのが、中村屋さんだったんです。

櫻井:そうなんですね。

LEE:その頃、日本にインド料理店もできてくるんですが、それに先駆けてインドカリーを出していた、元祖なんです。その後、ボースさんは中村屋さんのご家族と結婚されたんです。

石崎さん:長女と結婚しました。

LEE:恋と革命のカリーなんです。

「新宿中村屋」の魅力

石崎さん:製法は一緒です。ただ素材は、やはりその時代・時代によって変わっていきます。今から90数年前と同じ素材を使うわけにいきませんから、今は今なりのこだわった材料を使っております。

本日の料理 1品目「伝統の『純印度式カリー』&本格『麻婆豆腐』コラボセット」

石崎さん:鶏肉、ブイヨン、玉ねぎ、スパイスなどの素材には、こだわっています。こだわりの素材をうまく調和させて作っています。そして、実は、麻婆豆腐にも歴史があり、本場の中国の四川の料理人の方から教わったのが、きっかけとなっています。こだわりのインドカリーと麻婆豆腐をコラボさせて、お出ししています。

LEE:まずは、「純印度式カリー」を食べてみてください。これが日本最初のインドカリーですから。

櫻井:伝統の味をいただきます。

櫻井:うまい!

LEE:そうなんです。うまいんですよ。

櫻井:麻婆豆腐も大好きなんだよ。うまい。

LEE:いいでしょ、ここの麻婆豆腐。

櫻井:見た目がまず豪華。昭和2年から作られているカリーなのに、今の時代にマッチングしていて、今も変わらずおいしくいただけます。そして、麻婆豆腐は予想を超えるおいしさです。中華料理の専門店の味を越えてきましたね。カリーと麻婆豆腐が一緒に食べられるなんて、こんな幸せなことはないなと、テンションMAXです。

本日の料理 2品目「新宿中村屋ベンゴールカリー(ビーフ)」

石崎さん:今からもう十数年前ぐらいから、私どもでビーフカリーを出そうということで、いろいろな方々とお話をしてきました。この「ベンゴール」という名前は、ラス・ビハリ・ボースがベンガルの出身のため、そこからとってきております。

チッチ:お肉と一緒にいただきます。

チッチ:おいしい!

チッチ:アニメとか漫画でしか見たことない豪華なカレーです。おいしいっていうのが一番に来ます。最初に、お肉を一緒に食べたんですけど、柔らかくて。「これがビーフカレーなんだ」「これが本物なんだ」って感じました。

LEE:薬味を一緒に食べると、またおいしいですよ。

チッチ:どれを付けたらいいですか?

LEE:自分の好みでいいですよ。どれを付けてもおいしいので。

チッチ:粉チーズにします。

LEE:粉チーズいいね、合いますよ。

チッチ:うふ。

櫻井:そりゃ、そうなるわ。

チッチ:おいしい。

櫻井:チーズかけると、ちょっと洋食っぽさも出ますね。

チッチ:あと、お肉がすごいです。

LEE:肉質が、すごくいいよね。

チッチ:ほんとに。

本日の料理 3品目「コールマンカリー」

石崎さん:「コールマンカリー」は、昭和34、35年頃から作っています。名前は、造語で、インド料理の「チキンコルマ」からとっております。トマトとヨーグルトをベースに、スパイスをその場その場でひいて作っています。「インドカリー」に次いで人気のある商品ですが、「コールマンカリー」を目当てに来る方も結構いらっしゃいます。

櫻井:色も全然違いますね。

LEE:やはりヨーグルトとトマトの色が。

チッチ:ほんとだ。

LEE:いただきます。鶏肉がいいですよね。

LEE:25年間好きです、これ。25年前から変わらない。すごくおいしい。

櫻井:うん、うん。

LEE:ここのスパイスで「煎じマサラ」を使っていると聞いたのですが、どのようなものですか?

石崎さん:仕上げに使うものです。「ラス・ビハリ・ボースが黒い生薬のようなものを入れていた」と口伝えに聞いていました。スパイスを水と油で煮出していくんです。すると、スパイスの香りが液体に吸収されていきます。それを最後の仕上げにかけると、よりスパイシーさが出てくるんです。

LEE:それが、中村屋さんの特徴ということですね。

石崎さん:はい、そうです。

LEE:歴史を感じる、おいしさ。

櫻井・チッチ・LEE:おいしいカレーをごちそうさまでした!

【新宿中村屋 Manna】
住所:東京都新宿区新宿三丁目26番13号 新宿中村屋ビル 地下2階
アクセス:JR新宿駅東口から徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線新宿駅A6出入口直結
電話:03-5362-7501
定休日:1月1日
営業時間:時間を短縮して営業しております。お店にお問い合わせください。
公式HP:https://www.nakamuraya.co.jp/manna/