日本海側と太平洋側の天気

©株式会社ウェザーマップ

日本付近は、東側に低気圧、西側に高気圧が位置するという、冬に多い気圧配置となって北西の季節風が吹いています。このため、きょう28日~あす29日は、西~東日本の日本海側と北日本を中心に雲が多く、雨や雪の降る所があるでしょう。これに対し、太平洋側の地方は概ね晴れるという予報になっています。
この天気の差は、南下した寒気に日本海で湿った空気が補給されて、積雲や積乱雲等の雨雲(雪雲)が発達し、その雨雲・雪雲が季節風にのって脊梁山脈にぶつかることで生じます。
ただ、脊梁山脈が高い関東地方はほぼ晴れますが、脊梁山脈が低い仙台や名古屋などは、風向によっては日本海側の雨雲(雪雲)が流入してきます。

気象予報士・饒村 曜

画像について:28日の天気予報。