広島の2021年キャッチフレーズは「バリバリバリ」 現状打破の意味を込める

©株式会社東京スポーツ新聞社

キャッチフレーズ「バリバリバリ」を発表する田中広輔

広島が28日、2021年のキャッチフレーズ「バリバリバリ」を発表した。今年のファン感謝デーはコロナ禍により球場ではなく、中国放送「SPカープファン感謝デー2020」の生放送として開催。その放送内で選手会長の田中広輔内野手(31)がボードを掲げ恒例の珍キャッチフレーズのお披露目となった。

「バリ」は「もの凄い」を意味する広島弁で2年連続Bクラスの現状を「バリバリバリ」と突き破りファンとともに「ねバリ強く戦う」覚悟を込めたという。

斬新なネーミングを受けて会沢翼捕手(32)は「今年もすごくいいキャッチフレーズを選んでいただきありがたい。選手もヤル気になる」と話していた。