NAOTO、土屋太鳳の気遣いに感謝「“神アシスト”をもらいました」

©株式会社マイナビ

EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのNAOTOが20日、YouTube公式チャンネル『EXILE NAOTO オネストTV』に出演。動画「【セルフ焼肉】美味しいお肉を食べてゆるく話してたらなんかシビアな話になったんだけど大丈夫?」内で、映画『フード・ラック!食運』(公開中)で初共演した女優・土屋太鳳とのエピソードを披露した。

NAOTO

ダチョウ倶楽部の寺門ジモンが初監督を務めた映画『フード・ラック!食運』で、主人公の良人を演じたNAOTO。撮影で苦労したことについて聞かれると、クライマックスのシーンを振り返り、「溜め込んでた感情がすべて湧き上がるシーンがあって。台本を読んだときに、大変そうだなと思ってた」ことを告白。本番では、なんとか気持ちを作ることができたものの、「現場に入ったら、意外と待つことがあるわけ。そうすると、どんどんリアルになってきちゃって……」と気持ちが冷めてしまったことを明かした。

当初はそのシーンだけを撮影する予定だったが、そんなNAOTOの様子を察した土屋が、「『前のシーンから撮ったらどうですか?』と提案してくれた」そうで、「その気遣いに感動して……。“神アシスト”をもらいました」と感謝しきり。「どうしよう? どうしよう? って思ってたんだけど、前のシーンからやることによって、そこに向かってより感情が作りやすかった」と撮影を振り返ったNAOTOは、土屋の機転のおかげで、「自分の中でも、ジモンさんも太鳳ちゃんも、みんなが納得いくシーンになった」と話していた。