ルクレール14番手「得意なサーキットのはずが予想外に苦労している」フェラーリ【F1第15戦金曜】

©株式会社サンズ

 2020年F1バーレーンGPの金曜、フェラーリのシャルル・ルクレールはフリー走行1=11番手/2=14番手だった。

 FP1では29周を走行し、1分30秒589。FP2では30周のなかで1分30秒407をソフトタイヤで記録した。

2020年F1第15戦バーレーンGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)のスペシャルデザインヘルメット

■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール フリー走行1=11番手/2=14番手
 難しい一日だった。過去数年、ここは僕らチームが得意としていたコースだったから、もう少しいいパフォーマンスを期待していた。でも思っていたよりずっと苦労している。

 とはいえ僕らは一夜で問題を解決することがよくあるので、明日は強さを発揮できることを期待しよう。

 改善すべき点ははっきりしている。マシンバランスの向上が必要なんだ。コーナリングの際にマシンをコントロールするのがとても難しくて、何度かミスをしてしまった。タイム上、かなり接戦になっているから、少しでも改善することができれば、順位が大きく変わってくるだろう。