南葛SCとアヴェントゥーラ川口、関東リーグ昇格決める!両クラブは29日に対戦

©フットボール・トライブ株式会社

写真提供: フットボールトライブ

28日、関東サッカーリーグ昇格を決める関東社会人サッカー大会の準決勝2試合が行われた、Jリーグ参入を目指す南葛SCとアヴェントウーラ川口の2クラブが関東リーグ昇格を決めた。

東京都1部リーグを勝ち抜いた南葛は準決勝で東京国際大学サッカー部のメンバーで構成されるTIUと対戦。前半アディショナルタイムに元鹿島アントラーズのFW佐々木竜太のゴールで先制し、後半8分に追加点を奪う。しかし、85分と90分に立て続けにゴールを許し、2-2で延長戦に突入。関東昇格をかけた延長戦は93分と98分に南葛が得点し、4-2で試合終了。念願の関東リーグ昇格の切符を勝ち取った。

準決勝のもう1試合は、埼玉県1部リーグのアヴェントゥーラ川口と神奈川県1部リーグの日本工学院Fマリノスが対戦。元ファジアーノ岡山のFW小林秀征らのゴールで3得点を奪ったアヴェントゥーラが3-1で勝利し、関東リーグ昇格を決めた。同リーグの切符を掴んだ南葛とアヴェントゥーラは明日、29日に行われる決勝戦で対戦する。両クラブは明日の決勝戦、そして来シーズンの関東リーグでどんな戦いを見せてくれるのだろうか。