中日、大島洋平は現状維持

新人・石川昂弥は減額

©一般社団法人共同通信社

契約更改交渉を終え、記者会見する中日・大島=28日、ナゴヤ球場

 中日の大島洋平外野手が28日、ナゴヤ球場で契約交渉し、現状維持の2億5千万円で更改した。3年契約の1年目だった今季は118試合に出場し、146安打で2年連続で最多安打のタイトルを獲得。「大きなけがなくできたことが大きい。誰が見ても優勝だろうというぐらいのチームをつくっていけたらなと思う」と意気込んだ。

 新人の石川昂弥内野手は225万円減の1275万円でサインした。14試合の出場にとどまり「打撃のレベルをもっと上げたいし、1年間戦える体をつくりたい」と目標を掲げた。

 2年目の梅津晃大投手は現状維持の1500万円で更改した。(金額は推定)