「ロマンシング サガ リ・ユニバース」山崎まさよしさんが「One more time, One more chance」を弾き語る2周年記念CMが放送開始!

©株式会社イクセル

スクウェア・エニックスは、iOS/Android向けアプリ「ロマンシング サガ リ・ユニバース」の2周年を記念したTVCM「ロマサガ RS ロマサガファンに。篇」を、11月29日より全国(⼀部地域除く)で放映する。

■ロマサガファンに向け、山崎まさよしが「One more time, One more chance」を弾き語り

ゲーム内の吟遊詩人をイメージした衣装を身に纏った山崎まさよしさんが登場。ゲームの世界観を表現した異国情緒あふれるバーで、「One more time, One more chance」を弾き語ります。そして、薄暗い店内に日差しが差し込み、力強く唄う山崎まさよしさんをスポットライトのように照らします。その後、ゲーム画面とロゴが映り、最後にはバーのカウンターで「ロマンシング サガ リ・ユニバース」に夢中になっている山崎まさよしさんがチラッとカメラを見る演出となっております。

山崎まさよしさんインタビュー

Q.撮影おつかれさまでした。撮影を終えての感想をお聞かせください。
A.(以前、「ロマンシング サガ -ミンストレルソング-(以下、ミンサガ)」のオープニング曲を担当した時に)「メヌエット」のPV撮影が今回と似たような九十九⾥の近くのバーみたいなところだったので、その時のことをすごく思い出しました。

Q.おうち時間が増えた影響でゲームやロマサガを始めた人が増えています。山崎さんは普段のプライベートでどのようなおうち時間を過ごしていますか?
A.自宅のスタジオでレコーディングをしています。空いた時間は工具などで色々作ったり、DIYしてますね。

Q.「ロマンシング サガ リ・ユニバース」は2周年になりますが、「One more time, One more chance」も山崎さんがデビュー2周年目の年に発売された曲ですね。当時どのような思いでこの曲を作ったかお聞かせください。
A.まだデビューしてなかったときにできた曲で、大切なバラード曲としてスタッフと⼀緒に温めていました。「月とキャベツ」という映画のお仕事がデビュー1年目か2年目くらいにあったとき、曲の内容が映画のシナリオと非常にリンクしていたので、満を持して劇中歌で使おうとなった曲です。長く歌っていますし、思い⼊れとしては、非常にあります。あまり大ヒットしたというイメージではないですね。有線とかでゆっくりとチャートが上がっていったという印象です。曲自体も浸透性は非常になだらかな感じで、皆さまにだんだん認識されていった曲ですね。

Q.山崎さんは今年でデビュー25周年ですね。実は「サガ」シリーズも今年で30周年になります。山崎さんは5年後の30周年までに挑戦したいことや目標はありますか?
A.気になってくるのは健康面だったりとか…。今と変わらず、活動ができてたらいいなと思います。新しいことにチャレンジもしていきたいし、ギターもまだまだ伸び代があればいいなと思っていますし、歌自体も深めていければいいなと思っています。「Augusta Camp」とかも今年はオンラインでやりましたけど、いまこういう状況で、こういう世の中なので、見せ⽅や聴かせ⽅はすごい流動的にいろいろ変わってくると思うんですね。そういうのには自身でもうちょっと勉強して対応していきたいと思っています。

Q.山崎さんとロマサガといえば、2005年には「ミンサガ」のオープニング曲として「メヌエット」を歌っていただきました。ゲームの世界観ともマッチしていることから今もロマサガファンから愛されるこの曲ですが、作詞作曲時の思い出をお聞かせください。
A.事前に頂いた「ミンサガ」の台本が本当にすごく分厚くて。(笑)吟遊詩人というテーマをいただいていたので、ちょっと壮大な風景がみえるような曲がいいんだろうなという印象でしたね。ちょうど書きかけの曲で、非常に旋律が吟遊詩人にマッチしているメロディーがあったので、それに詩を乗せました。もったいないお話でしたけども、マッチしていたのであれば幸いです。

■CM概要

タイトル:「ロマサガ RS ロマサガファンに。篇」
キャスト:山崎まさよしさん
放送開始:2020年11月29日(日)~12月13日(日)
放送地域:全国(⼀部地域を除く)

(C) 2018-2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.Powered by Akatsuki Inc.ILLUSTRATION:TOMOMI KOBAYASHI

ロマンシング サガ リ・ユニバースの情報を見る