【新日本】オーカーンに「コーカーン」の汚名 矢野の金的攻撃からあっさり3カウント

©株式会社東京スポーツ新聞社

オーカーン㊧は股間を押さえながら吠えた

新日本プロレス「ワールドタッグリーグ」28日神奈川・藤沢大会で、「ジ・エンパイア」のグレート―O―カーン、ジェフ・コブ(38)組が石井智宏(44)、矢野通(42)組に噴飯ものの3敗目を喫した。

前戦(24日、福島)でIWGPタッグ王者のタイチ(40)、ザック・セイバーJr.(33)に敗れたオーカーンは、この日も試合前のゴングを待たずに奇襲を仕掛けるというみっともない戦法を採用。もはや学習能力はゼロに等しい。

その後は矢野に対して二段蹴り、モンゴリアンチョップ、コブとのサイドスープレックス連発で攻勢に出たが結局は攻めきれず、むしろ決定力不足を露呈。頼みのエリミネーター(アイアンクロースラム)は早くも研究され尽くしたか、むさくるしいヒゲをつかまれて防がれてしまう。そうこうする間に石井の首折り弾を浴びてしまうと、矢野の金的攻撃から丸め込まれあっさり3カウントを奪われた。

粗末なコーカーンを処されたオーカーンは「アーッ! アーーーッ! 弱ぇくせに反撃しおって! たった一撃だけだよ。矢野、貴様の攻撃で痛いと思ったのはたった一発だけだ! 弱いくせに歯向かいやがって! アーックソッ!」と錯乱。

痛恨の公式戦2連敗で支配者としての資質が怪しくなってきたばかりか、ここまで来るとイギリスで2年間無敗という経歴に詐称疑惑が浮上してもおかしくない。