選手会が中日球団代表に抗議文 契約更改交渉で「選手と信頼関係を維持できない状況」

©株式会社東京スポーツ新聞社

中日の契約更改交渉が難航している

日本プロ野球選手会は28日、契約交渉が大荒れとなっている中日の加藤宏幸球団代表(61)に対して抗議文を送ったと発表。交渉の場において「選手と球団の信頼関係を維持できない状況が発生している」とし、改善を求めた。

中日の契約更改交渉は26日にスタート。初日に捕手・木下拓、2日目にも投手の福と福谷が保留し、3選手が交渉継続となった。選手会は加藤球団代表側に「所属選手に対する査定方法の事前説明が二転三転したり、不十分な点があった」ことに加え、メディアに対して選手が年俸で揉めているかの印象を与える発言などをしたと指摘している。

実際に保留した木下拓は交渉後の会見で「モメたとかではない。もう一度家で考えさせてくださいということ。金額とかじゃないです」と話したのに対し、加藤球団代表が「(争点は)金額です」と話すなど、両者に食い違いが生じていた。

交渉3日目の28日は保留者が出なかったが、加藤球団代表は初日に「金額を譲るつもりは、これっぽっちもない」と強硬な発言しており、中日ナインにとって今後も厳しい交渉が予想されていた。そんな中で出された〝丁寧な説明〟を求める選手会の要望に、果たして球団側はどう応じていくのか――。