国保・後期高齢者医療保険保険料の納付が困難な方は相談を

©株式会社VOTE FOR

保険料の納期限は毎月末です。必ず納期限までに納めてください。納め忘れている方は、速やかに医療保険室保険料課または行政サービスセンターで納めてください。保険料を滞納すると、滞納している方の財産(預貯金、給与、不動産など)に対して差押えなどの滞納処分を行います。特別な事情により保険料を納めることが困難な方は、必ず医療保険室保険料課にご相談ください。
医療保険室保険料課では、月曜日~金曜日9時~17時30分(祝休日を除く)に納付相談を行っています。保険料決定通知書(納付書)または被保険者証と印鑑を持ってお越しください。なお、行政サービスセンターでの納付相談はできません。月曜日~金曜日の相談が困難な方は、休日納付相談をご利用ください。

◆休日納付相談
日時:11月28日(土曜日)9時~12時
場所:市役所本庁舎2階医療保険室保険料課

◆口座振替にご協力を
国民健康保険料・後期高齢者医療保険料の納付には、納期ごとに指定口座から引き落とされる便利な口座振替をご利用ください。口座振替の申込みは、保険料決定通知書、預貯金通帳、通帳印を持って、銀行や郵便局などの金融機関または医療保険室保険料課、行政サービスセンターで手続きをしてください。手続き後、振替開始月の20日ごろに「保険料口座振替決定のお知らせ」を送付します。それまでは納付書で納付してください。

◇Web口座振替受付サービス
Web口座振替受付サービスでは、パソコンやスマートフォンから口座振替の
申込み:手続きができます。申込方法は、市ウェブサイトをご覧いただくか、お問合せください。

問合せ先:医療保険室保険料課
【電話】06-4309-3168
【FAX】06-4309-3807

◇後期高齢に移行したら再度申込みを
国民健康保険料を口座振替で納めていた方でも、後期高齢者医療保険に移行すると、再度口座振替の申込みが必要です。

問合せ先:医療保険室保険料課
【電話】06-4309-3168
【FAX】06-4309-3807

◇納付方法を口座振替に変更できます
今年度中に後期高齢者医療保険の資格を取得した方または取得する方は、原則来年度からは年金からの特別徴収となりますが、手続きをすると口座振替に変更できます。
納付方法の変更は、後期高齢者医療被保険者証、預貯金通帳、通帳印を持って、銀行や郵便局などの金融機関などで口座振替依頼の手続きのうえ、必ず口座振替依頼書(申込人・お客様控)と印鑑を持って、医療保険室保険料課または行政サービスセンターで手続きをしてください。

問合せ先:医療保険室保険料課
【電話】06-4309-3168
【FAX】06-4309-3807