「ルーキーがサングラスかよ」苦言もどこ吹く風… “ヒゲの齊藤”が明かす豪快人生

©株式会社Creative2

大洋、横浜大洋、横浜(現DeNA)で活躍した齊藤明雄氏【写真:荒川祐史】

大洋、横浜で17年間活躍…トレードマークの口ヒゲを生やしたきっかけは?

かつて神奈川県川崎市を本拠地としていた「大洋ホエールズ」、1978年の横浜市移転後の「横浜大洋ホエールズ」、93年に改称された「横浜ベイスターズ」。DeNAベイスターズの前身となるチームの変貌とともに、17年に渡って活躍した齊藤明雄氏。時にはエース、時には抑えの切り札としてファンの心を掴んだ。自身の奮闘ぶりや個性的な仲間たちとの思い出は、語り切れないほど。第1回は、口ヒゲを蓄え「ヒゲの齊藤」とファンに親しまれるまでの裏話などを明かした。

1976年ドラフト1位で大商大から大洋入りした齊藤氏は、型破りな新人だった。1年目の自主トレ、静岡・草薙での春季キャンプ、オープン戦を通じ、常にサングラスをかけていたのだ。昼間はレンズの色が濃く、ナイターなど夜になると色が薄くなる「調光グラス」だった。

もともとは、大学日本代表で同僚になった1歳上の中畑清氏(当時駒大、その後巨人)がかけていたのに憧れ、大学時代から愛用していた。とはいえ、プロの世界で1年目からサングラス姿とは前代未聞。周囲やキャンプ地を訪れる審判員などから「ルーキーがサングラスかよ」と苦言を呈されることもあったが、本人はどこ吹く風。野武士集団と呼ばれ、個性派ぞろいだったチームにも、それを許す雰囲気があった。「大洋なら“あり”でしょ」と笑う。

結局、公式戦開幕前になって「サングラスや眼鏡をかけてプレーするのは危険」と、当時の別当薫監督からメーカーを紹介され、コンタクトレンズに替えた。その数年後、調光グラスに代わって齊藤氏のトレードマークになったのが、口ヒゲである。

きっかけはプロ4年目の80年、米アリゾナ州メサで行われた春季キャンプ。「40日間ほど向こうにいて、日本人と顔を合わせる機会も少なかったから、当時エースの平松(政次)さん、野村(収)さん、僕、1歳下の遠藤(一彦氏)の4人で、キャンプ期間中にヒゲを剃らなかったらどれくらい伸びるものなのかという話になって、一切剃らなかった」。ヒゲが顔中伸び放題となった齊藤氏が、Tシャツ姿でメサ市内をランニングしていると、日焼けした肌も相まって、現地住民から「アー・ユー・メキシカン?」と声をかけられることもあった。

球界屈指の酒豪、森繁和氏や佐藤義則氏と馬が合った

帰国の段階になって、他の3人はヒゲが薄かったり、格好いい形に伸びなかったりして、きれいに剃り落とした。齊藤氏だけが伸ばし続け、その後口ヒゲだけを残して整えた。同じく口ヒゲを蓄えていた外国人内野手のフェリックス・ミヤーン氏からは「ブラザー!」と呼ばれ、主砲の松原誠氏からも「いいじゃないか。伸ばせよ」と背中を押された。最終的に、現役生活を通して口ヒゲを蓄え続けた齊藤氏は「ファンの方々に『ヒゲの齊藤』として覚えてもらえたから、本当に伸ばしてよかった」と言う。

実は、齊藤氏にはもう1つ、「ヒゲの齊藤」以上にチーム内で定着していたニックネームがあった。その名も「バッカス」。ローマ神話の“酒の神”のことだ。「名付け親はたぶん、大商大時代のOB会長ですよ」と苦笑い。3年生の秋、野球部のパーティーの席でOB会長から「今季のリーグ戦で、おまえは手を抜いていた。真面目にやれ」と叱責され、「カチンときた」。アルコールの力を借り、酔ったフリ半分で、件のOB会長に「ああいうことは、ちゃんと練習を見に来てから言ってくれ」と絡んだ。これが、プロ入り後も続くニックネーム誕生のきっかけとなった。

実際、当時の齊藤氏は球界屈指の酒豪として知られていた。特に、同い年で大学日本代表の同僚だった森繁和氏(前中日監督)、佐藤義則氏(前楽天コーチ)とは馬が合った。シーズンオフなどに3人で酒席をともにすると、「朝まで誰1人帰ろうとしなかった。時計も見なかった」。ちなみに「若い頃は主に、比較的安価なサントリー角瓶を飲んでいた。その後サントリーリザーブに格上げして、次がブランデーのレミーマルタン。最もステータスが高かったのは、ヘネシーをクラッシュアイスで飲むことだった。1晩で1人ボトル1本は楽に飲み切った」とか。

現役17年間で8人の監督に仕えた齊藤氏だが、酒絡みで印象深いのは、82~84年に指揮を執った故・関根潤三氏。遠征先では「移動日は若い選手を連れて歩いていい。ただ、試合がある日は他の選手を連れていかないでくれ。その代わり、おまえ自身は何時に帰ってきても構わない。大人として認めている」と言われていたという。「でもね、1人じゃ間が持てなくて、そんなに長くいられない。午後11時から午前1時くらいまでには宿舎ホテルの部屋に戻っていた。結局、うまく操縦されていました」と懐かしむ。

破天荒なエピソードを残しながら、通算128勝125敗133セーブと大車輪の活躍をした齊藤氏。次回は、新人王に輝いたプロ1年目の77年、抑え専門ながら規定投球回数に達し最優秀防御率のタイトルを獲得した82年を中心に振り返ってもらう。

【動画】「ヒゲの齊藤」が生まれたひょんな秘話…齊藤明雄氏が豪快人生を明かした映像

【動画】「ヒゲの齊藤」が生まれたひょんな秘話…齊藤明雄氏が豪快人生を明かした映像 signature

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)