PCR検体採取学ぶ 県内臨床検査技師「第3波」に備え

©株式会社北日本新聞社

宮嶋さん(右)から検体採取の技術を学ぶ臨床検査技師=県医師会館

 県臨床検査技師会(南部重一会長)は28日、富山市蜷川の県医師会館で、新型コロナウイルスのPCR検査に必要な検体採取に関する研修会を開いた。コロナ流行の「第3波」に備え、採取できる人員を確保するのが狙いで、約20人の臨床検査技師が安全で正確な採取方法を学んだ。

 富山大付属病院感染症科の医師、宮嶋友希さんが防護服の着用方法や採取作業を説明。「防護服を脱ぐ際に感染するケースが多い」「採取の際は患者の横や後ろに立つことで、感染リスクを少なくできる」と注意を呼び掛けた。

 実技研修では、参加者が防護服や手袋などを着用。鼻の奥に綿棒を入れて検体を採取し、ケースに入れる練習をした。

 研修会は厚生労働省の通達を受けて開催した。医療機関などで行われる検体採取は主に医師が担っている。同会によると、感染拡大地域では医師の手が足りず臨床検査技師が対応するケースが出ているという。