オービックの平均給与はいくら? これだけもらえる優良企業

©株式会社グローバルウェイ

これだけもらえる優良企業の社員

上場企業の財務諸表から待遇を探る「これだけもらえる優良企業」シリーズ。今回は、独立系システムインテグレーターのオービックを取り上げます。

オービック社員の平均年収は921.6万円

最新データ(2020年3月期)によると、オービック社員の平均年間給与は921.6万円。ここのところ右肩上がりに増えており、4期前より98.6万円も多くなっています。

  • 2016年3月期:823.0万円
  • 2017年3月期:851.0万円
  • 2018年3月期:877.0万円
  • 2019年3月期:901.0万円
  • 2020年3月期:921.6万円

この額には、賞与や基準外賃金(手当など)も含まれています。

企業口コミサイト「キャリコネ」への投稿によると、35歳男性エンジニアの年収は655万円。住宅手当が月3万円、時間外手当が月4万円、年2回の定期賞与は計150万円です。

このほか「年数回、スーツ購入の補助があるのがありがたい」と書き込んでいます。

オービックの業績はここ数期は好調で、2020年3月期の売上高は4期前の31.0%増となる805億円。営業利益は同55.3%増の432億円となっています。

営業利益率は53.7%と驚異的に高くなっていますが、これは主力サービスが統合ソフトウェア「OBIC7シリーズ」というERPシステムであることによるものです。

なお、中小企業向け会計業務パッケージソフトウェア「勘定奉行」を主力とするオービックビジネスコンサルタント(OBC)はオービックの持分法適用関連会社で、経営は切り離されています。

オービック社員の平均年齢は36.5歳

次に、従業員数と平均年齢、平均勤続年数(ともに単体)を見てみましょう。

オービック社員の平均年齢は36.5歳。ざっくり言うと、30代半ばで900万円を突破する人が多いということでしょうか。

  • 2016年3月期:1,785人(36.0歳・13.0年)
  • 2017年3月期:1,822人(36.1歳・13.1年)
  • 2018年3月期:1,848人(36.2歳・13.2年)
  • 2019年3月期:1,875人(36.4歳・13.5年)
  • 2020年3月期:1,860人(36.5歳・13.5年)

オービックの事業セグメントは3つ。

2020年3月期の外部顧客に対する売上高は、統合基幹業務システムを提供する「システムインテグレーション事業」が394億円、統合基幹業務システムの運用支援・保守の「システムサポート事業」が313億円、OA機器やコンピュータサプライ用品を扱う「オフィスオートメーション事業」が96億円でした。

営業利益は、システムインテグレーション事業が205億円、システムサポート事業が210億円、オフィスオートメーション事業が16億円です。

なお、オービックのグループ全体(連結)の従業員数は、2020年3月期で2,051人。前者2本柱の事業をオービック本体が担い、オフィスオートメーション事業のみ連結子会社のオービックオフィスオートメーション(191人)が担っています。

高収益の「製販一体体制」が強みに

2021年3月期の上期決算でも、オービックの売上高は前年同期比で2.4%増、営業利益でも同10.3%増を誇っています。営業利益率も58.2%という高い水準を達成しています。

通期業績予想も、売上高で前期比4.4%増、営業利益で同4.8%増、営業利益率53.9%の見込みです。

オービックのビジネスモデルは統合基幹業務システム「OBIC7シリーズ」の自社開発・直接販売、製販一体体制です。サポートでも製品と同規模の売上利益をあげており、利益率も非常に高いです。

平均年間給与が900万円台と高いのも、収益性の高いビジネスモデルによるものといえます。

なお、オービック本体では中途採用を実施しておらず、新卒採用のみ。連結子会社のオービックオフィスオートメーションでは、中途採用を募集しています。

\-----

関西圏で自然体のプロフィール写真撮影します。