『美女ざんまい』~某海外有名大学医学部医学科生タレント/グラドル・林えりかインタビュー

©株式会社日本ジャーナル出版

医学部生タレント/グラドル・林えりかインタビュー (C)週刊実話Web

東大よりも難関といわれる、某海外有名大学で現役医大生として学ぶ林えりか。彼女はなぜ医者の道を目指したのか? そして今月、自身初のイメージDVDもリリースしたという。その衝撃的な内容にも迫った――。

林 生まれて初めてのDVD撮影だったのですが、本当にやってよかったと思っています。とっても楽しかったし、色んな衣装を着られたのが嬉しくて。元々、撮られることは大好きだったんですよね。

――DVDの宣伝文句を見てみると、『謎に満ちた究極美人さんが、イメージに初挑戦』とある。ジャケットもかなり攻めてますね。デビューDVDなのに、いきなりの手ブラですか!?

林 ちょっと恥ずかしさもありましたが、撮影中は徐々に楽しくなってきて、後半のほうでは艶っぽさを存分に出せたと思います。

――白い肌が少しずつ紅潮していって、確かに色っぽい。それにしてもおっぱいが大きいですね。何カップあるんですか?

林 90センチのFカップだったかな? 形としては全体的に丸く大きな感じで、雑誌の表紙で披露されていた某人気女優さんの胸に似ているといわれたこともあります(笑)。

――衣装を見せるのが仕事のモデルと、ボディーを見せるのが仕事のグラドルでは大きく違う。初めての芸能活動なのに戸惑いはなかった?

林 それは全然ありません。だって、裸は隠すものではないと思うんですよね。女性のカラダって綺麗じゃないですか、人体構造的にも。

――人体構造…さすがは女医の卵だ(笑)。

アンチエイジングをテーマにヌード撮影!?

林 日本人女性は環境に適応したカラダになっていて、すごく美しいんだなって思ったんです。元は狩猟生活だったのが、生活に合わせて骨盤や背骨の作り、骨格までが変わってきている。ということは、もしかしたら数十年後には生活のスタイルがさらに変わって、今とは全然違う体形になっているかもしれないわけです。だったら、今この瞬間の自分のカラダを写真に残すというのはすごくイイことだと思うんです。

――とすると、オファーがあればヌード写真集をやってもいい?

林 もしもやるなら、意味を持たせた形でやりたいですね。私は将来、外科医を目指しているので、アンチエイジングをテーマにするとか。たとえば5年刻みで、35歳になっても40歳になってもあまり変わらないカラダでいられたら素敵だと思いませんか?

――じゃあ、5年ごとに裸の記録を残すとか?

林 ウフフ。

――そもそも、なぜ海外の大学を目指したんでしょう?

林 英語と中国語ができる(TOEIC950、中国語検定準1級)ので、それを活かして世界的にもレベルの高い大学を目指しました。世界で活躍する医者になりたいので、まずは中国やアメリカで働き、将来的には日本の免許も取りたいという夢があります。

――外科医を目指すのにも理由がありそうですね。

林 私自身、医療を通して人生が大きく変わったのが理由です。人は外見で9割を判断されてしまうのと、コンプレックスを抱えたまますごすよりも、美容医療を通して人生が明るくなって前向きになるほうがいいなと。実際、色んなことにチャレンジできるようになってよかったなと思うんです。たとえば、歯は審美歯科で綺麗にしています。あ、誤解しないでください。胸は天然ですよ(笑)。

――医学生は忙しいというイメージですが、なぜ日本で芸能活動を?

林 今年1月の試験休みが終わり、帰国していたところで非常事態宣言が出てしまいました。この9月から3年生になったのですが、今も授業はオンラインのみなんです。芸能活動は卒業後と考えていました。勉強はとても難しいし、両立するには相当な努力が必要と思います。

――芸能活動をする意義は何だと考えていますか?

林 医師になったら、ドクターズコスメを出したいと思っていて、本当にいいものをより多くの方に知っていただけたらと…。なにごとも将来のための勉強だと思っています。

――なるほど。では、芸能界でどんなことをしてみたいですか?

林 まずは、やったことのないことに積極的に取り組みたいですね。女優業とか…。

――よく考えてみたら、このタイミングじゃなかったら、その胸を拝めるのは何年も先だったかもしれないわけですね!?

林 それは…否めませんね(笑)。

今は勉強に集中 彼氏はナシです!

――勉強のことも教えてください。

林 勉強は大変ですが、尊敬できる仲間や家族のおかげで乗り越えています。勉強だけではなく精神力、体力も必要なので、定期的に運動するようにしています。習慣で人間はできているので、あくまで個人的な考えですが、人生を変えたければ習慣をまず変える必要があると思います。といっても理想と現実はまだまだ程遠いですけど(笑)。やってよかったのは、トレーナーをつけたことと、より栄養のあるものを食べるように心がけたことです。たまに甘いものはご褒美に食べますが、もともと麺やご飯より、肉・魚が好きだったので、太りにくいです。

――実習の後の食事も平気?

林 勉強は長時間ですが、気分転換に友人とランチなどをしています。

――同期の学生に女性はいますか?

林 5、6人ですね。日本人の女性もいます。

――ずばり、モテますか?

林 はい。男性は国によってそれぞれ魅力がありますね。でも、基本はやさしいです。色々なプレゼントをいただいてます。といっても、コンビニで買ってくるような果物とかチョコレート程度ですけど。それでも十分嬉しかったりするんです。ただ、今は勉強に集中したいので、彼氏を作ったりとかはないかな。

林えりか◆はやしえりか T160、B90・W56・H80。AB型。英語、中国語を操るトリリンガル。自身初のDVD『トライリンガール』が竹書房Greenレーベルより発売中。