議会開設から130年、衆参式典

陛下「国会はコロナ禍で重責」

©一般社団法人共同通信社

参院本会議場で開かれた、議会開設から130年の記念式典=29日午前

 衆参両院は議会開設から130年となった29日午前、天皇、皇后両陛下を迎えて参院本会議場で記念式典を開いた。天皇陛下は、新型コロナウイルスの感染拡大で世界各国が困難な状況に直面しているとした上で「国会が国権の最高機関として、国の繁栄と世界の平和のために果たすべき責務はますます重要になってきている」とお言葉を述べた。

 両陛下や参列者はいずれもマスク姿。大島理森、山東昭子衆参両院議長が式辞を述べた。菅義偉首相は人口減少や少子高齢化、新型コロナ感染拡大に触れ「国内外の情勢が目まぐるしく変化する今、国会が国民の負託に応えることを切に願う」と語った。