本部町議会議長の石川博己氏が死去 69歳

©株式会社琉球新報社

 本部町議会議長の石川博己(いしかわ・ひろし)氏が28日、本部町内の自宅で死去した。69歳。同日午後に寝室で横たわっているのを家族が見つけ、死亡が確認された。警察が死因を調べている。

 石川氏は27日の臨時議会に出席し、公務を執り行っていた。

 石川氏は1951年生まれ、本部町東出身。名護高卒。自民党県連職員を経て、1985年の町議選で初当選。2006年の町長選に立候補したが落選。その後、町議に返り咲き、17年から議長を務めていた。