アン・ハサウェイが美しく恐ろしい大魔女に!魅惑のファンタジー「魔女がいっぱい」

©株式会社近代映画社

世にも恐ろしい計画を企てる魔女たちのリーダーをアン・ハサウェイが怪演

「チャーリーとチョコレート工場」原作者のもうひとつの人気作「The Witches(魔女がいっぱい)」がアン・ハサウェイ主演で実写映画化。クリスマスシーズンに贈る、大人も子どもも楽しめるマジカルな感動作です。

美しくて世界一邪悪な魔女の世にも恐ろしい秘密の計画とは?

魔女たちは人間と同じ外見で世界のあちこちに潜んでいた!

ジョニー・デップの当たり役のひとつとなった2005年公開の「チャーリーとチョコレート工場」。カラフルでキュート、でもちょっぴり怖い、あの不思議な感覚を再びよみがえらせてくれるのが、同じくロアルド・ダールの原作を映画化した「魔女がいっぱい」だ。

1990年に一度映画化されているが、今回、監督を任されたのが、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や「フォレスト・ガンプ/一期一会」の巨匠、ロバート・ゼメキス。予想外のビジュアルと物語で心ざわめく体験が待っている!

世にも恐ろしい計画を企てる魔女たちのリーダーをアン・ハサウェイが怪演

世界のあちこちに潜んでいるという魔女は、外見は人間たちとまったく同じで、上品なファッションに身を包んでいる。彼らは時々、まわりの人間に邪悪な魔法をかけていた。魔女の存在に気づいた相手を、動物に変身させてしまうのだ。

そして魔女が最も毛嫌いするのは、人間の子供……。タイトルが示すように、その魔女たちが集結するのが基本ストーリー。舞台は1967年。両親を亡くした8歳の少年は、アラバマ州の田舎町でグランマ(祖母)と生活することになる。

そんな彼の前に現れたのが、身につけた手袋が蛇に変わる怪しい女性。その話を聞いたグランマは、親友が魔女に呪いをかけられた少女時代を思い出す。少年に迫る危機を察し、彼を連れて海辺のリゾート地へと向かうグランマだが、そこには魔女たちも集まってきており、ある壮大な計画を始めようとしていた!

ロアルド・ダールらしい「怖い絵本」をめくる感覚

子供たちがネズミの姿に変えられるなど、魔法にかけられるシーンがめくるめく映像で展開。ロアルド・ダールのファンタジックな世界に一気に引き込まれるのは、「チャーリー〜」とまったく同じ。

一見、子供向けのようで、ブラックなユーモアもたっぷり込められ、「怖い絵本」をめくるような感覚が、ロアルド・ダールらしい。その強烈なテイストを加速させるのが、魔女たちを統率するグランド・ウィッチ(大魔女)だ。

演じるのは、アン・ハサウェイで、ただでさえ目鼻立ちのくっきりした彼女が、特殊メイクとCGで恐ろしい形相に変わるシーンでは、怖さとユーモアの究極のマッチを体感できるはず。

リゾートのホテルの支配人役は、こちらも名優のスタンリー・トゥッチ。アンとの共演に「プラダを着た悪魔」を思い出す人も多いだろう。グランマ役にはオスカー女優のオクタヴィア・スペンサー。

大人になった主人公の少年の声を担当するクリス・ロックも含め、芸達者たちのアンサンブルも見どころだ。プロデューサーには、もともと映画化の原案を考えていたギレルモ・デル・トロ、さらにアルフォンソ・クアロンという巨匠が名を連ね、ゼメキス監督をバックアップ。これ以上ないスタッフ&キャストが、大人も心から楽しめるファンタジーを完成させた。

スピーディなアクションに、家族と友情のドラマ、ヒネリの効いた結末が噛み合って、ハリウッドのエンタメ作品が好きな人には最適な一本。ぜひ劇場のスクリーンで体感したい!

「魔女がいっぱい」注目ポイント

ポイント1:ロアルド・ダールって、どんな作家?

作家ロアルド・ダールPhoto by Ronald Dumont/Daily Express/Getty Images

イギリスの作家で、ブラックなテイストもあふれた児童文学が有名。今作や「チャーリー~」のほか、「ジャイアント・ピーチ」「ファンタスティック Mr.FOX」「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」と映画化作品も多い。「007は二度死ぬ」など映画の脚本家としても知られる才人。

ポイント2:アン・ハサウェイの外見&怪演にびっくり

髪の毛のない頭を隠すためウィッグをつけていて、口は耳まで裂けているグランド・ウィッチ。歩き方やセリフ回しも独特で、これまでの映画とはまったく違うアン・ハサウェイが登場する。演じた彼女もに大いに満足したようで、特殊メイク姿をインスタグラムにアップ。

ポイント3:なぜかかわいい、映画のネズミたち

魔法でネズミに変えられた子供たちの動きや会話はユーモラスで愛くるしい。リアルなネズミは好き嫌いがわかれるけれど、CGキャラのネズミは「スチュアート・リトル」や「レミーのおいしいレストラン」など、親しみやすいものばかり。今回もネズミキャラに感情移入は確実!?

“世にも恐ろしい計画”をめぐる登場人物たち

世界中の魔女のリーダー/グランド・ウィッチ(アン・ハサウェイ)

ゴージャスで美しいが、その正体は極悪の魔女。子どもたちが大嫌い。

魔女に立ち向かう主人公/少年(ジャジール・ブルーノ)

事故で両親を失った孤児。魔女たちの恐るべき計画に立ち向かう。

愛情深い保護者/グランマ(オクタヴィア・スペンサー)

保護者として孤児の少年を受け入れ、厳しく愛情深く育てる祖母。

ホテル支配人/(スタンリー・トゥッチ)

魔女たちが泊まりにやってくるリゾートホテルの気難しい支配人。

アン・ハサウェイ インタビュー

ロアルド・ダールの物語の中にある優しさが気に入っているわ

──“世にも恐ろしい魔女”という初めての役どころはいかがでしたか?

『グランド・ウィッチの存在は完全なる悪夢よ。でもとてもおもしろい悪夢ね。彼女はすべてを忌み嫌っている。彼女に幸せを与えられるものは何もない。彼女の人生には喜びがまったくないの。だからほかのひとにも、できるだけ多くの痛みを引き起こそうとするの。でもその方法は、最高に素敵なのよ!(笑)』

── 魔女の話し方の独特なアクセントはどのように作ったのですか?

『脚本には奇妙なスカンジナビアのアクセントがあると書かれていたわ。だから、スカンジナビアのアクセントを調べたんだけど、実はとてもかわいいアクセントだったの。

「これでは誰も怖がらせられない!」と思ったわ。とても魔法的な響きがある古ノルド語などと混ぜ合わせて、グランド・ウィッチのアクセントはできたのよ』

── 原作者のロアルド・ダールの本は昔から読んでいましたか?

『お気に入りのロアルド・ダール作品はたくさんあるけれど、私が気に入っている理由は、物語の中にある優しさなの。子どもたちが感じる感情がリアルで感傷的でないところも、とてもいいと思うわ。

「魔女がいっぱい」をはじめとする作品の子どもたちは物事を明確に見ている。それが新鮮だったわ。そしてロアルド・ダールは誰よりもうまく、恐ろしいキャラクターを描く。私たちが普段見かける、よく知ったものに悪を植え付ける。だから面白くもあり、怖いのよ』

「魔女がいっぱい」
2020年12月4日(金)公開

原題:魔女たち
アメリカ/2020年/1時間44分
配給:ワーナー・ブラザース映画
監督:ロバート・ゼメキス
出演:アン・ハサウェイ、オクタヴィア・スペンサー、スタンリー・トゥッチ

© 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.