【100年前のスペイン風邪】海を渡った「悪魔」 離島の医療崩壊「空しく死待つだけ」 得体知れず、飛び交う流言

©株式会社南日本新聞社

感染が広がった奄美大島の惨状を伝える紙面(鹿児島新聞(1920年12月20日付)

〈忘れられた厄災・スペイン風邪 鹿児島の新聞から ②〉 
 1918(大正7)年12月に入り、県本土で収束しつつあった「流行性感冒」は海を渡り、南の島々にも到達していた。大島警察署からの要請で奄美大島に渡った医師は12月6日、いよいよ大和村の現地に入ることになった。そして、驚くような光景を目にする。

 老医師がタッタ1名いるのですがこの御医者さんも7、8日前から流感に罹(かか)って、当時までの約一週日の内というものは全く医師が無く、罹病(りびょう)者はいずれも床上に呻吟(しんぎん)して空しく死を待つという悲惨な状態であったのです (12月20日、鹿児島新聞)
 医師は役場に臨時の診察室をつくり、午前8時から午後10時まで毎日診察した。300人の患者のうち2人が死亡した。住用村では住民5300人のうち1700人が感染していた。ここも無医村で、名瀬から警察医が派遣された。

 このような実態は県内どこでもみられたようだ。だが自治体史などの記録には残っていない。屋久島で曾祖父をスペイン風邪で亡くした仙巌園学芸員の岩川拓夫さん(35)=鹿児島市=は「スペイン風邪に関する石碑や記念碑などは、県内で見たことがない」と話す。

 医療現場の深刻さは、患者の多い都市部でもまた同じだった。

 県立病院に於(お)いて流行性感冒に罹れる者現時医員に2名、看護婦13名あり。なお入院患者142名中38人は感冒に打たれたるものなり(11月12日、鹿児島新聞)
 県立病院では「医者始め看護婦、同生徒に至るまでほとんど風邪の気はあった」という。

 インフルエンザウイルス発見は1930年代だったとされる。病原体研究の中心が細菌だった当時では、その原因を突き止めるのは不可能だった。

 病の大本が分からなければ「流言」も飛び交う。輸入米と共に病原菌が入った説から、大戦の敵国ドイツが飛行機で培養菌を散布したというものまで。これらは、えたいの知れない新たな病への恐れの裏返しだったのだろう。家族の感染や、自身の肺炎を悲観した末の自殺も報じられた。

 “新薬”や予防効果をうたう品々の広告が日に日に増えた。婦人科医院も「肺炎治療開始」と看板を掲げた。だが薬のほかにも飛ぶように売れたものがあったようだ。

 時節柄、氷はソロソロ見向きもせられない時だのに、昨今はにわかに小売の需要が多くなった (3日、鹿児島朝日)
 熱冷ましに欠かせない氷のほか、卵が品薄で高値となった。集配人が病に倒れたからだ。果物も言い値で売れたという。内務省の当時の調査によると、第1波の鹿児島県の死者は5554人。感染者は73万人に上る。当時の医療環境では十分な治療を受けられず、ひたすら家で耐え忍ぶ姿が目に浮かぶ。心細さからか、簡易保険は加入者が激増した。

 県は当初から、人と人との接触を減らすよう呼び掛けてはいた。

 多数群集する場所に出入りせざることとし老人幼児はもちろん一般に薄き塩水にてなるべく度々(たびたび)うがいをなすことを要す (同、鹿児島新聞)
 「病毒は鼻腔や咽頭喉頭等に存在する」として、せきや会話時の飛沫(ひまつ)に注意するよう周知したが、外出制限まで徹底された形跡はない。感染は止められなかった。

 感染が県内を一巡りした年明けには、スペイン風邪の記事は紙面からほぼ消えた。「悪魔」が再び目を覚ますのは、10カ月後のことだった。

 ●このころ スペイン風邪はこの時、多くの著名人の命も奪っている。劇作家の島村抱月(ほうげつ)が1918年11月に死去。愛人関係だった女優松井須磨子も翌19年1月に後追い自殺し、鹿児島でも耳目を集めた。

 18年10月、種子島出身の横綱、西ノ海の引退巡業が鹿児島で開催され、新聞も連日取り組みの様子を伝えた。ちょうど県内で感染が広がり始めたころで、西ノ海は同年5月の「角力(すもう)風邪」で休場した一人だった。

大正7年を振り返るイラストに登場する「スペイン感冒」(1919年1月1日付、鹿児島朝日新聞)