片桐仁、CM撮影で個性的ヘアスタイル披露し「苦手なトマトも…」

©株式会社フジテレビジョン

片桐仁が出演する「明治プロビオヨーグルトLG21」のプロモーションムービー「胃人ちゃんねる」全3篇が、11月30日(月)よりWEB上で公開された。

今回のWEBムービーは、コロナ禍において、さまざまな変革があった2020年という“新しい時代”のスタンダードとして、“胃から元気になる新しいライフスタイルの提案”をコンセプトに企画されたもの。

片桐演じる“胃人”カタギリが、胃をモチーフにした“胃の間”を舞台に、現代の諸問題を胃から前向きに解決しようとする、という内容だ。

片桐のトレードマークでもあるボリューミーな天然パーマヘアを生かした“胃人ヘア”は、ワンシーンごとに行われた、入念なヘアセットの賜物(たまもの)だとか。

<片桐仁 インタビュー>

──今回のWEB動画に出演した感想は?

たくさん食べて、おなかいっぱいです〜(笑)。

──こだわった部分や注目してほしいポイントは?

この見た目ですね。特に髪型にこだわりました。地毛でやらせてもらっていますから。最初は大きく見せようと思って中に型を入れたんですが、オリジナルの髪でやることに。この髪型でよかったと思いました(笑)。

──“胃人”カタギリの髪型は、どんな特徴なのでしょうか?

(設定イメージは)あくまでも寝グセの延長というか…起きたらこういう形になっていた、みたいな。イラストのイメージは何度も見ましたが、いざやろうと思うと、分け目や毛流れなどいろいろあって…言うことを聞かないボクの髪ですが、ヘアメイクさんにどうにかしていただきました。何より、この髪型が“胃”に見えなければいけない。しかしナチュラルに“胃”っぽくなってしまったという塩梅(あんばい)もポイントです。

──片桐さんが胃から元気になるために気をつけていることはありますか?

暴飲暴食を控えることですね。僕はよくヨーグルトを飲んでいました。

──撮影で出てきた食事には、苦手なものもありましたか?

ラーメンを勢いよく食べるのが難しくて、今日イチ緊張したのがあのシーンでした(笑)。あと、(第2話の生春巻きに入っていた)生のトマトが苦手なんです。子どもの時は、キュウリとレタス以外の野菜が苦手で…大人になってほぼ好きになったんですが、生のトマトがどうしてもダメなんです。それが入っていたというんですが、最後までわからなくて…いや、おいしいなあ…と(笑)。全く知らなかったし、聞いてからも分かりませんでした(笑)

──毎日を楽しく、前向きに過ごす秘訣は何ですか?

とりあえず笑顔で過ごす…ということでしょうか(笑)。ヘラヘラでもいいから、ニコニコしていたらいい感じになるかな、と思っています。