【高校野球】「デジタルネイティブ世代」の球児に感じる“弱さ” 北の名将が日誌を導入した訳

©株式会社Creative2

クラーク記念国際・佐々木啓司監督【写真:石川加奈子】

クラーク記念国際の佐々木啓司監督が語る指導論、第1回は「目標設定」

部員数の減少、球数制限の導入など変革期を迎えている高校野球。平成から令和へと時代が移ろう中で、球児への指導も変わってきた。駒大岩見沢を率いて春8回、夏4回の甲子園出場に導き、現在率いるクラーク記念国際でも夏1回の経験を持つ佐々木啓司監督も、変化と向き合うひとり。“北の名将”が抱く指導論を計4回にわたって連載する。初回は「目標設定」の重要さを説く。

選手25人全員が寮生活を送るクラーク記念国際では、毎朝の点呼時に日直が3つの項目を読み上げる。

1、日々の考え方―目的、目標を再度明確にし、自分自身で実行する強い意志を持つこと、また今実行しようとしていることを現実にする。

2、日直者は日誌に記載されている内容を確認し、担当日を実施すること。

3、使用した施設および物品は使用した本人が元の状態・位置に戻すこと。汚したり放置したままにしない。

これらは、昨年7月7日の日誌に佐々木監督自身が書き込んだ言葉だ。その日朝、当時野球部の父母会長を務めていた越智一久さんが46歳の若さで急死した。

「亡くなったことを知らず、北北海道大会に向けて“頑張るぞ”と思って書いたもの。俺の戯言ではなく、越智の親父が俺に言わせたことだぞと子どもたちには言って聞かせている。親を亡くした人間は、言葉の重みや毎日の大切さが身に染みる」

選手の想像力を刺激しながら、かけがえのない今日という日を情熱を持って真剣に過ごしてほしいという願いを込める。

「練習でできないことは、試合でできない、ということが分からない」

「今の子は、意識的に物事を進める能力が弱い。頼めば何とかなるということが多いから。買い物に行けなければ、ジュースや洗剤が送られてくる。実際に自分で洗剤を買いに行けば、どれくらい持ちそうだとか判断ができるようになるんだけどね」

自らやってみなければ、経験値として積み重なってはいかない。日常生活の一コマは、そのままグランドへのプレーへと転嫁される。佐々木監督が抱えるもどかしさを言葉に落とし込む。

「練習でできないことは試合でできない、ということが分からないんだよ。何とかなるだろうと思ってしまう。情報が多過ぎて、情報をしっかりつかむ力が弱い。見て、簡単にできると甘く見る子が多い。覚えたことを持続できるか、自分のものとして確立できるかが大事なんだけどね」

物心ついたころからインターネットで世界と繋がる「デジタルネイティブ世代」。スマホやパソコンを開けばすぐ“答え”は手に入る。無駄な時間が排除された一方で、考える過程で得られる気付きは薄らいでいく。

佐々木監督は、球児たちと一緒に生活しているからこそ、小さな変化にも素早く察知できる。同じように家族で寮を運営していた駒大岩見沢時代は朝の点呼のみだったが、クラーク記念国際では日誌も導入。「考える時間を毎日の習慣にさせないといけない」と意図を語る。

さらに昨夏、越智さんが亡くなった後、冒頭の言葉を日直が必ず読み上げるようにした。「違うことを言うよりも、念仏みたいに同じことを言い続けた方がいい」。この学校に来た目的、成し遂げたい目標を再確認させ、今何をやらなければいけないのかを考えることから1日をスタートさせる。

どんな練習をするかの前に「最近は練習にどう向かわせるかが仕事だね」。そう言って佐々木監督は笑う。次男で野球部長を務める達也さんが練習を仕切ることが多くなり、佐々木監督の役割はメンタル面のケアへと変化。あの手この手で、選手の意欲を刺激する。

○佐々木啓司(ささき・けいじ)
1956年2月7日生まれ。42年の指導歴を誇る大ベテラン。駒大を卒業後、1978年に母校の駒大岩見沢監督に就任して35年間で公式戦通算503勝を挙げた。2003年には全日本アマチュア野球連盟選手強化部AAA強化部会委員を務めた。14年にクラーク記念国際監督に就任し、創部3年目の16年夏に北北海道大会を制して、甲子園初出場。その後18年、19年と2年連続北北海道大会準優勝し、今夏の代替大会でも優勝と常勝軍団に成長させた。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)