鹿島の小泉社長、現役女子大生をホーム戦に招待!1つのブログがきっかけに

©フットボール・トライブ株式会社

29日、明治安田生命J1リーグの第30節4試合が行われた。鹿島アントラーズはホームで浦和レッズに4-0と快勝。鹿島の小泉文明社長はこの試合に1人の現役女子大生を自ら招待している。

小泉氏から招待されたのは、早稲田大学ア式蹴球部2年生でマネジャーを務める菊池彩花さんだ。菊池さんは今月8日、同部の公式noteで「「やっぱり、私はJリーグで働きたい」というタイトルで自身の夢やマネージャーを務める経緯を語った。noteは瞬く間にSNSで拡散され、話題となった。彼女がJリーグへ就職を目指すきっかけが、8年前に鹿島スタジアムでエスコートを務めたことだと知った小泉氏は自ら菊池さんにSNSでコンタクトを取った。そして、今回の招待が実現した。

菊池さんはTwitterに「約8年ぶりにピッチサイドから眺めたカシマスタジアムは、少し懐かしさもありながら、変わらず圧巻でした。 小泉社長、ご招待いただきありがとうございました!」と2ショットとともに投稿。小泉氏は「彼女のブログのオモイの強さに惹かれてカシマスタジアムに招待し、エスコートキッズ以来のスタジアムを中から見てもらいました!試合も勝てて良かった(^^)将来の夢のためにも大学サッカーで頑張って下さい!」とエールを送った。

Jリーグクラブの社長が自ら、関係者以外の来場者を招待することは多くない。菊池さんの行動が異例ともいえる招待に繋がった。彼女が将来、Jリーグクラブのスタッフとして、日本サッカー界に貢献することに期待したい。

菊池さんのnoteの全文は以下リンクから
(https://note.com/wasedasoccer/n/n34c7efa47d58)