「次に演じるならリ・ジョンヒョク!」『愛の不時着』“第5中隊”のふたりが明かしたチーム秘話

©株式会社フジテレビジョン

韓流ドラマ『愛の不時着』で、北朝鮮の軍人部隊“第5中隊”に所属するキム・ジュモク、クム・ウンドンを演じたユ・スビンとタン・ジュンサンのオンライントークショーが、11月28日(土)、YouTubeの生配信にて開催された。

作品の舞台裏などを明かした1部に続き、2部では、事前にファンから寄せられた質問に答えるQ&Aコーナーなど、2人の素顔に迫る企画が。

1部の模様はこちらの記事でチェック!

まず、ファンからの質問に答える前に、『愛の不時着』でユ・スビンが“韓流好き”の北朝鮮人・ジュモクを演じたことにちなみ、2人がオススメしたい韓流作品を聞いてみることに。

タン・ジュンサンは「『愛の不時着』ファンの方ならきっとお好きだと思う」と、『愛の不時着』のメインキャストであるヒョンビンとソン・イェジンが主演を務める映画「ザ・ネゴシエーション」を推薦。さらに「それから来年、また面白いドラマが始まるらしいです。『ムーブ・トゥ・ヘブン』というドラマなんですが、僕も出演しています」と、ちゃっかりPRも挟み込んだ。

続くユ・スビンは「あれ、なんだったっけ…“ス”から始まるタイトルだったはず…」と、白々しい演技を見せながら、「そうだ!『スタートアップ』!この配信が終わったらすぐ、『スタートアップ』を見にいってください!」と、こちらも自身の出演ドラマをアピール。

MCから「きれいにまとめましたね。もしかして、そういう作戦を組んでいたんじゃないですか?」とツッコまれると、2人は笑ってハイタッチを。

左から)ユ・スビン、タン・ジュンサンファンが「自分の代わりに」送ったぬいぐるみと共に

続けて、ファンからの質問コーナーへ。「『愛の不時着』で演じた役柄の、難しかった部分は?」という質問に、ユ・スビンは「撮影が始まった当初は、ジュモクのキャラクターを掴みきれず、なかなか役に入りこめずにいました。ですが、監督と脚本家の支えのおかげで、なんとか演じきれました」と明かした。

一方でタン・ジュンサンは「ドラマを見ている方が笑うようなシーンでも、僕らは演じながら笑うことができず…。笑いを我慢するのが、1番大変でしたね」と、可愛らしい苦労を吐露。

「10年後にリメイク版を撮影するなら、何役を演じたい?」という質問には、「“耳野郎”と呼ばれていた、チョン・マンボクの役を演じてみたいです。あんなに可愛らしくて魅力的なキャラクターはなかなかいないと思います」と、ユ・スビン。

「僕は…リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)!」と宣言したタン・ジュンサンは、その直後、恥ずかしそうに笑い、「すみません、ちょっと欲張りました」と慌てて弁解。ユ・スビンが「彼は、リ・ジョンヒョクのモノマネが上手なんですよ」と煽ると、それを受けたタン・ジュンサンも「お兄さんはユン・セリ(ソン・イェジン)のモノマネが得意ですよね」と無茶振り返しを。

しかし、タン・ジュンサンがセリフを言いかけたところで、「あれ、イマイチだな。ちょっと時間が経ちすぎて、できなくなっちゃいました」と、モノマネは諦めることとなった。

そして、「それぞれに役を演じてよかったと思うこと」を聞かれると、ユ・スビンは「ヒョンビンさんやソン・イェジンさんのような、偉大な先輩方とご一緒できたことが、とてもありがたかったです」と答え、タン・ジュンサンは「第5中隊の(面々を演じた)お兄さん方に囲まれて、気楽に楽しく撮影させていただけたことが、本当によかったと思います」と答えた。

ファンからのQ&Aコーナーの後は、2人の絆の強さを試す「テレパシーゲーム」へと突入。「好きな季節は夏or冬」や「大事なのは友情or愛」といった2択の質問を出題していき、10問のうち5問以上回答が一致すれば、ご褒美のおやつが贈呈されることとなる。

いざゲームをスタートすると、MCの予想に反し、次々と回答を一致させていく2人。結果として10問中8問の回答が一致する仲の良さを見せつけ、ご褒美のチキン獲得に成功。

コメント欄も終始大盛り上がりで、「またやってほしい!」の声が数多く並んだ今回のイベント。ユ・スビンは「いつか皆さんとお会いできたら、ハグもして、お話をたくさんして。そんな機会を楽しみにしています」と話してファンを喜ばせ、タン・ジュンサンも「次回はぜひ直接お会いしたいです」とメッセージを送った。

イベントの全容はこちらの動画でチェックを!