北京冬季五輪の会場結ぶトンネル、片側が貫通

©新華社

北京冬季五輪の会場結ぶトンネル、片側が貫通

 【新華社石家荘11月30日】中国北京市延慶区と河北省張家口市崇礼区を結ぶ延崇高速道路の延長プロジェクトとして工事が進められている長城嶺特長トンネルの左右二つのルートのうち右ルートが25日、貫通した。

 2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを結ぶ重要なプロジェクトで、開通後は延崇高速道路の本線や競技会場が置かれる崇礼区太子城、張家口と承徳を結ぶ張承高速道路ともつながる。開通は来年を予定している。

 施工業者は環境に配慮した建設を目指し、植生保護と森林保全のための特別な設計を採用した。プロジェクトは基礎工事と橋梁工事が完了しており、トンネルは全工程の96.6%を占める2万2383メートルまで掘削が進んでいる。(記者/曲瀾娟)