【イタリア1部】ナポリがマラドーナ氏記念ユニホーム着用でローマに4得点快勝

©株式会社東京スポーツ新聞社

マラドーナ氏を悼む水色と白の特別ユニホームでローマを撃破したナポリ(ロイター)

29日(日本時間30日)に行われたイタリア1部リーグ第9節、25日に死去した英雄ディエゴ・マラドーナ氏(享年60)の古巣ナポリはホームでローマに4―0で圧勝した。

レジェンドの訃報を聞いた直後の欧州リーグ(EL)1次リーグのリエカ(クロアチア)戦の勝利(2―0)をクラブのレジェンドに捧げたナポリはこの日、マラドーナ氏の母国アルゼンチンのカラー、白と水色を配色したユニホームを着用して試合に臨んだ。スタジアム名が「ディエゴ・アルマンド・マラドーナ」と変わった一戦で、選手たちは気迫のこもったプレーを見せた。

前半30分、ナポリ出身の主将FWロレンツォ・インシニェ(29)の直接FKが決まって先制。後半19分にはインシニェのアシストからMFファビアン・ルイス(24)が追加点を奪い、同36分にはマラドーナ氏を超えるクラブ最多得点記録を更新し続けるベルギー代表MFドリース・メルテンス(33)がゴールし、同41分にはFWマッテオ・ポリターノ(27)が決めてダメ押しした。

これでナポリはローマを抜いて5位に浮上。マラドーナ氏の思いを背負ったイレブンの奮闘はまだまだ続きそうだ。