【ビーバームーン】今夜は半影月食でしかも満月。いつ見える?

©ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社

11月30日は満月。さらに、夕方頃から半影月食が起こります。

日本気象協会によると、30日の天気は、日本海側は雪や雨が降りますが、太平洋側はおおむね晴れるとのこと。

1月11日、6月6日に続き、2020年3回目にして、最後の半影月食。見頃はいつなのでしょうか。

半影月食とは? いつ見える?

見られるのは夜の早めの時間。東の空です。

ウェザーニュースによると、11月30日の半影月食の始まりは16時32分頃、最大となるのが18時43分頃、終わるのが20時53分頃です。

半影月食(はんえいげっしょく)とは、月が地球の半影に入り、月の一部が部分的に隠れること。半影は薄い影のため、肉眼ではっきりと確認するのは難しいですが、月がうっすらと暗くなっている様子がわかります。また、写真撮影などでは欠けている様子がわかることも。

11月の満月は「ビーバームーン」

11月の満月は「ビーバームーン」とも呼ばれます。

アメリカの先住民は、季節を把握するため、それぞれの月に見ることができる満月に名前をつけていました。

Old Farmer’s Almanacによると、この時期は、ビーバーが長い冬に備えて巣作りを始め、また、人々が毛皮にするためにビーバーを捕獲するため罠を準備する季節でもあります。

そのことから、「ビーバームーン」と呼ばれるようになりました。

なお、11月の満月は、ビーバームーンのほかにも、フロストムーンなどと呼ばれることもあります。

気温は下がりそうですが、今夜は室内から、もしくはあたたかい服装で外に出て、夜空を見上げてみてはいかがですか?