北海道の天気 11/30(月) これから積雪が一気に増加!12月スタートは雪かきが必要になりそう

©北海道文化放送株式会社

(佐藤俊和気象予報士が解説) 正午現在

道北や空知では積雪が増えてきましたが、

まだ始まりにすぎません。

これからまとまった雪となりそうなんです。

◆雪と風の予想

30日の日中はまだ局地的な降り方ですが、

夜になると寒気が強まり、日本海側の広い範囲に雪雲が流れ込む予想です。

道北から後志にかけて雪が強まる所が多くなりそうです。

その後もあす1日の朝にかけて雪が続きます。

まだ雪が少ないところでも、一気に積雪が増えるおそれがあります。

◆予想降雪量(1日朝まで、多いところ)

上川北部や空知は30センチで、局地的にはもっと増える可能性もあります。

あす1日の朝は雪かきが必要となりそうです。

札幌でも中心部で5センチ前後、市内最大で15センチを予想しています。

◆午後の天気

日中の雪は空知から上川が中心ですが、

夜になると南西部でも積もるような降り方となりそうです。

海沿いではふぶくところもある見込みです。

道東は乾いた冬晴れでしょう。

◆予想気温

29日より低い所が多く、3℃前後の予想です。

札幌は3℃、稚内と名寄は氷点下1℃で厳しい寒さとなりそうです。

手袋やマフラーなどでしっかり防寒をしましょう。

◆週間予報

・日本海側とオホーツク海側

日本海側では、火曜日・水曜日と断続的に雪が降るでしょう。

その後も冬型の気圧配置が続き、

山沿いでは積雪がさらに増えそうです。

気温はこの時期としては低く、日中でも0℃前後と寒さとなりそうです。

・太平洋側

火曜日の室蘭は雪が降ったりやんだりでしょう。

最高気温は金曜日まで3℃前後と寒さが続き、

週末になると寒さが緩む見込みです。