惜しまれつつ…「チロルの森」閉園 21年の歴史に幕 近年、客足減少 新型コロナ追い打ち…

©株式会社長野放送

長野県塩尻市のレジャー施設「チロルの森」が11月29日、21年の営業を終え、多くの家族連れが別れを惜しみました。

「チロルの森」は1999年、オーストリアのチロル地方をモチーフに動物と触れ合えるテーマパークとして開園しましたが、最近の客足減少に新型コロナが追い打ちをかけました。

29日はおよそ2200人が訪れ、感謝とともに別れを惜しみ、夕方には動物たちによる「お見送り」も行われました。

来園者:

「(アル)パカちゃんバイバイ」

「何回も足を(涙ぐむ)運んで、動物たちと触れ合えて楽しい時間を過ごせた。楽しかったね」

多くの思い出を残し21年の歴史にピリオドを打ちました。

動物たちは来月、県外のグループ施設に移ります。