旅行を楽しく、スムーズに

高橋ひかるがアプリPR

©一般社団法人共同通信社

イベントに登場した高橋ひかる=30日、東京都内

 俳優の高橋ひかるが、IT企業「ラトナ」が始めた旅館・ホテル向けの新アプリ「おもてばこ」のアンバサダーに就任し、東京都内で開かれた記念イベントに登場した。高橋は「皆さんが旅行をより楽しく、スムーズにできるように、このサービスをたくさんの人に知っていただきたい」とPRした。

 AI技術による顔認証を使い、チェックインなどを自動的にできるようにするアプリ。顧客情報と顔情報を結び付け、こまやかなもてなしが可能になるという。

 大のお笑い好きの高橋のために、お笑いコンビ「霜降り明星」(せいや、粗品)がゲストに呼ばれた。3人は初顔合わせといい、せいやが「霜降り明星でいうと、どっちが(好き)?」と直球で質問。高橋が「粗品さん」と答えると、せいやはがっかりしつつも「下からのスタートの方が燃えます。2位から1位にいくほうが恋愛も燃えます」と気を取り直していた。

 これまで家族旅行を楽しんできた高橋は来年、20歳を迎えるそうで「ぜひ一人旅行をしてみたい。北海道や沖縄へ」と目を輝かせた。せいやが「北海道で何を食べたいんですか?」と尋ね、高橋が「イクラにラーメンに…」と例を挙げると、ポイントを稼ぎたいせいやは「ウニもうまい。ジャガバターも。北海道で食べるジャガイモは違う。冬はカニ、夏は野菜」と割って入った。あきれた粗品は「頑張り過ぎや!」と突っ込み、せいやの後頭部を軽くパンチしていた。