阪神、金銭トレードで巨人・山本泰寛の獲得を発表 12球団ワースト失策からテコ入れ

©株式会社Creative2

巨人から阪神へのトレードが発表された山本泰寛【写真:荒川祐史】

山本は通算186試合に出場し打率.234、3本塁打22打点、5盗塁

阪神は30日、巨人から金銭トレードで山本泰寛内野手を獲得したことを発表した。

山本は2015年にドラフト5位で巨人に入団。二塁、三塁、遊撃を守れるユーティリティを武器としてルーキーイヤーの16年に27試合に出場。今季は1軍出場はなかったが、通算186試合に出場し打率.234、3本塁打22打点、5盗塁の成績を残した。

チームは今シーズン、85失策を記録し2年連続で12球団ワーストの失策数で守備力強化が急務となっていた。

山本は巨人公式ホームページで「5年間という在籍期間でしたが、リーグ優勝など多くのことを経験させてもらい、学ぶことができました。多くのファン、大観衆の中でプレーできたことを本当に誇りに思っています。来年からも伝統ある球団でプレーできることを楽しみにしていますし、ジャイアンツで学んだことをさらにレベルアップして、タイガースに貢献できるよう、精いっぱい頑張ります」とコメントしている。(Full-Count編集部)