日本ハム、“苦労人”渡辺浩司氏の2軍打撃コーチ就任を発表 8年ぶりコーチ復帰

©株式会社Creative2

渡辺浩司ファーム打撃コーチの就任が決まったと日本ハムが発表

プロ14年目の95年にレギュラー定着、2014年からプロスカウトを務めていた

日本ハムは30日、渡辺浩司ファーム打撃コーチの就任が決まったと発表した。

57歳の渡辺コーチは81年ドラフト外で日本ハム入り。プロ14年目の95年に116試合出場してレギュラー定着して打率.246、3本塁打、45打点、14盗塁をマークした。実働9年間で270試合出場、打率.231、156安打、6本塁打、69打点、16盗塁。

97年の現役引退後はファーム打撃コーチ、02年から1軍打撃コーチなど8シーズンに渡ってコーチを歴任。06年からプロスカウトを務め、12、13年は1軍打撃コーチ。14年からはプロスカウトを務めていた。(Full-Count編集部)