ファミコン『MOTHER』サントラが新録音で登場。CD/LPで来年1月27日発売

©株式会社 音元出版

日本コロムビアは、ファミリーコンピュータ用ゲーム『MOTHER』のサウンドトラックを、作曲者・鈴木慶一自身が新録音/アレンジしたセルフカバーアルバム『MOTHER MUSIC REVISITED』を、2021年1月27日に発売する。

『MOTHER MUSIC REVISITED』

価格は、CD2枚組DELUXE盤(COCB-54321〜2)が5,000円、CD通常盤(COCB-54317)が3,000円、LP2枚組(COJA-9391〜2)が5,500円(いずれも税抜)。すでに予約受付が開始している。

1989年に発売され、鈴木慶一と田中宏和が手掛けた印象的なメロディーの音楽が、ゲームストーリーと共に大きな人気を博した『MOTHER』。同年には英国で現地ボーカリストを起用してオリジナル・サウンドトラックも制作された。本作品はそれから約30年を経て、鈴木慶一が音楽家生活50年の節目に制作する新録音アルバムとなる。

「はちみつぱい」や「ムーンライダーズ」での活動も著名な鈴木慶一により、再録音/アレンジが行われる

小学校の音楽の教科書にも掲載された「エイト・メロディーズ」をはじめとする全10曲の新録音とアレンジ、および全曲の歌唱を鈴木慶一が担当。またDELUXE盤のDISC-2には『MOTHER』ゲーム本編のオリジナル音源が収録される。鈴木慶一ファンはもちろん、『MOTHER』ファンも垂涎のまさに“DELUXE盤”となっており、当時『MOTHER』をプレイした方もしていない方も楽しめる作品になるとのこと。

【収録楽曲】

01. POLLYANNA (I BELIEVE IN YOU)

02. BEIN' FRIENDS

03. THE PARADISE LINE

04. MAGICANT

05. WISDOM OF THE WORLD

06. FLYING MAN

07. SNOW MA

08. ALL THAT I NEEDED (WAS YOU)

09. FALLIN' LOVE, AND

10. EIGHT MELODIES

※DISC-2(DELUXE盤のみ):

『MOTHER』ゲーム・ミュージックのオリジナル音源を収録予定