全斗煥元大統領に執行猶予付き有罪判決

©一般社団法人共同通信社

 【ソウル共同】韓国メディアによると、韓国南西部の光州地裁は30日、1980年の光州事件の際に軍のヘリコプターが上空から市民に機銃掃射を加えたとの故人の目撃証言を否定し、侮辱したとする罪に問われた全斗煥元大統領に懲役8月、執行猶予2年の有罪判決を言い渡した。