学生大会で選手1人がコロナ感染

スピードスケート、群馬

©一般社団法人共同通信社

 日本スケート連盟は30日、群馬県で28、29日に行われたスピードスケートの全日本学生選手権に参加した選手1人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。29日の検査で陽性反応を示し、同日の最終種目だった総合部門の男子1万メートルが中止となった。

 この選手は28日に体温が37度台後半だった。現在容体は安定し、宿泊施設に隔離されているという。