首相、皇位継承策の時期明言せず

「静かな環境で検討」

©一般社団法人共同通信社

 菅義偉首相は30日の参院本会議で、安定的な皇位継承策の結論を出す時期について明言を避けた。「静かな環境で検討が行われるよう配慮する必要があり、現時点で具体的な日程は言えない」と述べた。上皇さまの退位後、速やかな検討と報告を政府に求めた国会の付帯決議を踏まえ、立憲民主党の古賀之士氏がめどを尋ねたのに答えた。

 立憲民主党の枝野幸男代表は記者会見で、政府が皇族数減少に伴う皇室活動の担い手確保策として検討している「皇女」制度について、喫緊に検討すべき皇統維持に向けた対応策には当たらないとの認識を示した。